So-net無料ブログ作成

儚く揺れる線の世界 [本]

 滝田ゆう『昭和夢草紙』読了。

昭和夢草紙.jpg

 この独特の震える線は、ちょっと文庫版だと見づらくなってしまうけれども……それにしてもこのお母ちゃん、怖いなあ。燃えてしまった街を記憶だけに頼って描いた世界は、はかなげで崩れやすそうで……好きですが。

 朝倉 かすみ, 中島 たい子, 瀧波 ユカリ, 平松 洋子 室井 滋, 中野 翠 , 西 加奈子, 山崎 ナオコーラ, & 4 その他『泥酔懺悔』読了。

泥酔懺悔.jpg

 溺愛猫的女人さんお勧め。なんか、みんなそんなに懺悔も反省もしてない。さすがに読ませる力のある人たちなので、面白かったけれども。下戸の人の話も出てきたのが新鮮かも。

 南木佳士『医学生』読了。

医学生.jpg

 久々にまっすぐな青春小説を読めて、すがすがしい。二期校って、やっぱり昔は冷遇されてたのねえ……今は秋田大学医学部だってたいしたもんだろうけれども。


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 2

溺愛猫的女人

泥酔懺悔を読んで、こんな醜態をいつも下戸の人の前で晒しているんだなーと思いつつ呑むのは止められません(;´Д`)

by 溺愛猫的女人 (2019-08-26 00:57) 

あーる

溺愛猫的女人さん
作家の皆さん、あんまり反省していませんよね、結局。そして、下戸には下戸の苦労があるというころがよくわかりました。
by あーる (2019-08-26 12:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。