SSブログ

陸貝の世界 [本]

 千葉聡『進化のからくり 現代のダーウィンたちの物語』読了。

41qw-qrpAPL._SX320_BO1,204,203,200_.jpg

 表紙だともっといろいろな動物の進化の話が出てくるのかと思ったら、有名なガラパゴスのフィンチの話で始まって、あとは全編ほぼ陸貝の研究。でも、左に巻いたカタマイマイのジェレミーの話などは本当に面白かった。最後に「君もダーウィンになってみないか」的なことで終わっているが、そうなるにはあまりにも地道な研究が必要なこともよくわかった。マイマイやカワニナにかける研究者の情熱にも感動。

 白石昌則『生協の白石さんとエコごはん』読了。

51x7125wJ+L._SX337_BO1,204,203,200_.jpg
 
 エコに対する脱力系の一問一答、エコなレシピの紹介もまあよかったけれど、白石さんの信州大時代のエピソードがまたよかった。本の作り自体がエコなので仕方ないのかもしれないが、レシピにはやっぱり少しでもいいから写真が欲しかったな。なんかイメージわきづらいし。

 黒澤 弘光・竹内 薫『心にグッとくる日本の古典2』読了。

41ZmKXxBSHL._SX335_BO1,204,203,200_.jpg

 シリーズの1があまりに面白かったので即2も借りて読んだ。大和物語、源氏物語、平家物語、徒然草、万葉集って、全部おそらく高校の教科書でかじっているはずなのだが、授業は寝ていてさされて飛び起きた記憶しかないのだから情けない。魅力的な授業なら起きているのに、というのは負け惜しみだが、たぶんこんなに深いところまでの説明はなかったんだろうなあ。特に兼好法師のイメージがぐっと変わったりして。


nice!(8)  コメント(6) 
共通テーマ:

nice! 8

コメント 6

sana

心にグッとくる日本の古典?
面白そうですね!
ご紹介ありがとうございます^^
by sana (2021-03-19 16:04) 

あーる

sanaさん
1も2もよかったです。古文の時間は寝てばかりいたので、まさに目からウロコでした。名作も読み方ひとつ・解説ひとつで全然違ってくるんだな、と改めて思いました。
by あーる (2021-03-19 16:21) 

溺愛猫的女人

3冊とも面白そう。借ります。
by 溺愛猫的女人 (2021-03-19 23:24) 

あーる

溺愛猫的女人さん
3冊の中に爆発的ヒットはないけれども(この中だと『日本の古典』がナンバーワンかな)、それぞれ面白かったです。
by あーる (2021-03-20 13:41) 

あーちゃ

あー、懐かしい生協の白石さん!
by あーちゃ (2021-03-21 18:19) 

あーる

あーちゃさん
懐かしいですよね。相変わらず当意即妙です。
by あーる (2021-03-22 08:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。