SSブログ

そして田代島  [旅行]

 まー、とにかく先週までは忙しかった、忙しかった。なんか寝ても夢見が悪くて[がく~(落胆した顔)]、絶対に準備したはずのpptが出てこないとか、苦労した資料が必要なくなったりとか、わけのわからないうなされようで……ない頭を使っただけでなく、毎日走り回って[ダッシュ(走り出すさま)]体力も使って、もう、ヘトヘトで[モバQ]した。
 それが終わったらやっぱり、少しぐらいは自分にごほうびだよね。[わーい(嬉しい顔)]

IMG_2023-12-09-14-39-17-598.jpg
というわけで、やってきました田代島、なんですが……

IMG_2023-12-09-11-10-02-084.jpg
船の出る石巻に行く途中、塩釜にも寄ったりして

IMG_2023-12-09-12-16-26-551.jpg
安くて美味しいアワビの肝の軍艦

IMG_2023-12-09-12-16-30-542.jpg
赤貝のひも

IMG_2023-12-09-12-16-40-460.jpg
絶品、白子の軍艦![わーい(嬉しい顔)]

IMG_2023-12-09-12-19-09-064.jpg
サメも美味しい

IMG_2023-12-09-12-22-24-665.jpg
本マグロ

IMG_2023-12-09-12-16-46-684.jpg
カキの軍艦


 撮り忘れた[バッド(下向き矢印)]けれども、このほかいすごくでっかいブリの握りなんかもいただきまして、おなかパンパン[わーい(嬉しい顔)]。1時間[時計]並んで、食べたのはわずか20分ほどかもしれませんが、ここは安くて本当に美味しいので、並んで悔いなし[るんるん]、なんだよなあ。
IMG_2023-12-09-12-48-29-599.jpg
腹ごなしに塩釜神社の石段を登ってみたりして[くつ]


 塩釜からまた電車[電車]で石巻に着き、15時[時計]ちょうどのシーキャット[船](高速船)で田代島へ。

IMG_2023-12-09-15-44-18-492.jpg
大泊で第一島猫発見![目]


 いつもの民宿・はま屋[家]のおかあさんが港で迎えてくださいましたが、日が暮れるまでしばし島を散策[くつ]です。

IMG_2023-12-09-15-56-47-929.jpg
猫神社にたどり着くと

IMG_2023-12-09-15-56-03-374.jpg
番をしていた猫ちゃんが一匹

IMG_2023-12-09-15-57-02-528.jpg
不思議ですが、この神社の周りには必ず一匹はいるんだよね[黒ハート]

IMG_2023-12-09-16-05-52-032.jpg
IMG_2023-12-09-16-06-49-336.jpg
IMG_2023-12-09-16-06-32-221.jpg
島の駅(小学校跡地)にはもっとたくさんの猫[猫][猫][猫][猫][猫]たちがいます

IMG_2023-12-09-16-10-59-892.jpg
たいていはみんな人懐っこいのですが

IMG_2023-12-09-16-07-18-116.jpg
この子だけはちょっと目つきが険しかったな[雷]

IMG_2023-12-09-16-11-36-123.jpg
宿[家]に戻ろうとしたら、ついてきてくれたりして


 ご飯は19時[時計]からということで、宿に戻ってお風呂[いい気分(温泉)]に入ってまったりしました。
 そしてお待ちかねのお夕飯![レストラン] 

IMG_2023-12-09-19-02-38-506.jpg
ああ、ブレた! タコの酢の物とカルパッチョ

IMG_2023-12-09-19-06-20-343.jpg
飲んだお酒は「斧琴菊(よきこときく)」。美味しいけど、この名前、★神家の……

IMG_2023-12-09-19-02-32-784.jpg
メバルの煮付けに

IMG_2023-12-09-19-10-53-636.jpg
イシモチの焼いたの

IMG_2023-12-09-19-36-14-169.jpg
蒸しガキに熱いごま油をジュジュっとかけたやつ

IMG_2023-12-09-19-25-10-697.jpg
アジフライ・カキフライ・そしてなんとアワビフライ!

IMG_2023-12-09-19-37-31-342.jpg
そしてお刺身! これが一人前だからねー


 このほかにもあら汁や牛タンつくねなんかが出たのですが、お腹いっぱいで撮り損ねました。

 今回はもう一組お客様がいて、若いお父さんと小学生くらいのお嬢さん。お嬢さんは猫ちゃんが見たくて、自分で田代島をリサーチしたそうです。今どきのこの情報力はすごいな。[がく~(落胆した顔)]この子はとても人懐こくて、猫たちをノートに描いて[アート]、一匹一匹名前を付けて、特徴を書き出したのを見せてくれました。学者肌[眼鏡]だな。
 でも、このお宿[家]はお魚は美味しいけど、小学生の女の子が喜んだかどうかは……おそらく、少し気を遣ってお宿の人もフライや牛タンつくねなんか出してくださったんだと思うけど……。
 いつもながら美味しいお料理[レストラン]と猫がてんこ盛りの島! 猫好きにとってはまさに楽園ですが、翌日おかあさんに伺ったところでは、他の民宿[家]はみなもう閉じてしまって、島の民宿は実質はま屋さん一軒だけになったそうな……。
 また、島の牡蠣漁師もいなくなってしまって、牡蠣は他から買わなければならなくなったそうです。しかも今年は水温が高くて[右斜め上]かなりの牡蠣が死んでしまい、お料理[レストラン]として出してくださった牡蠣も、痩せていてとても生では出せない、というので蒸し牡蠣にしたとのこと。
 ここ1年くらいはルーちゃんの病気があったり、台風[台風]で船[船]が出なかったりして来れていなかったのですが、その間にいろいろ起こっているんだなあ……。
 唯一希望が持てたのは、最近移住してきたという若いご夫婦がはま屋さんで民宿見習いをしているということ![ぴかぴか(新しい)] お料理[レストラン]を出して説明するお手伝いをしていたのですが、とても感じの良い[かわいい]若い人たちでした。ぜひぜひ、頑張ってほしいものです。
 翌日はシューッと[新幹線]帰ってきてしまいましたが、美味しいお料理と猫に癒されるごほうびの週末でした。まだまだ何度でも行きたい田代島なのです。


nice!(16)  コメント(11) 
共通テーマ:旅行

4年ぶりの再開! ー山形温泉・プロレス紀行 その3ー [旅行]

 ぼやぼやしていたら更新しないうちに1週間たってしまった!
 長井駅前特設リンクからお送りいたします[カラオケ]

DSC_0192.jpg
まずは前回優勝の日向寺塁君のチャンピオンベルトの返還です

DSC_0195.jpg
明るい梶トマト君[るんるん]。この子、人気あります

DSC_0199.jpg
でも私の推しは郡司歩君です。このやさぐれ感がたまらん

DSC_0202.jpg
DSC_0205.jpg
DSC_0234.jpg
とはいえ、あっという間に日向寺・梶組が勝ってしまって[もうやだ~(悲しい顔)]……

DSC_0248.jpg
二人そろって切れのあるトマトダンス[るんるん]

DSC_0255.jpg
次はマスターも出る(前でマイクを握るのは君津市議に当選した大和ヒロシ君)

DSC_0258.jpg
がばいじいちゃんも出る

DSC_0261.jpg
マスターの華麗な空中技

DSC_0270.jpg
じいちゃんによる卑怯な技

DSC_0273.jpg
やめてー! じいちゃんが死んじゃうー!! と会場から声援

DSC_0274.jpg
復活のじいちゃん。いつの間にか技かけてます

DSC_0288.jpg
義経かっこいい!![手(チョキ)]

DSC_0296.jpg
なんでこうなったんだっけ……[たらーっ(汗)]

DSC_0296.jpg
まあともかく、こっちの組の勝ち

DSC_0297.JPG
最後はAブロック覇者野橋太郎と

DSC_0299.jpg
Bブロックの覇者OSO11の決勝戦

DSC_0307.jpg
場外乱闘の向こうに郡司君が! キャー

DSC_0318.jpg
試合は野橋君が勝って

DSC_0327.jpg
プロレスの景品って、お米って決まってるの?


 最後は再び、「1、2、3、ダー!」で締めました。
 いやあ、楽しかったー[るんるん]会社の嫌なことや会社の嫌なことや会社の嫌なことが吹っ飛び[ダッシュ(走り出すさま)]ました(どんだけ嫌なんだ)。
 ローカル線プロレス、リピーターも少なくないのですが、一番最初に(2017年かな)私が一人で見に来た時にもいらした小柄なおばさまを今回も見かけました。列車プロレス[電車]、観客は立ち上がってはいけないルールなのですが、最初の時、このおばさまが大興奮して立ち上がるもんだから、「立つんじゃねえ、ババー![むかっ(怒り)]」と、一言 お声がけをしたことがありました。
 この方が今回、過去に体を悪くされたのか、片足を引きずり、歩行車のようなものに掴まって、ご家族に付き添われて見に来られていたのですが、推しのマスターが入場してきたら、やにわにぐわっと立ち上がって声援[手(グー)]・拍手を送られていて……推しの力ってすごいなあ[もうやだ~(悲しい顔)]

 帰りは赤湯から新幹線[新幹線]です。夕方なのでお弁当[レストラン]はすっかり売り切れていて……

IMG_2023-10-01-17-16-05-740.jpg
牛肉どまん中おにぎりを買って

IMG_2023-10-01-17-16-54-936.jpg
ビール[ビール]と一緒にいただきました。美味しい


 今年は暑い時期が長かったせいか、紅葉はまだまだでしたが、秋の楽しい小旅行、これにておしまいです。いやあ、プロレスって本当にいいもんですね。[手(チョキ)] 


nice!(13)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

4年ぶりの再開! ー山形温泉・プロレス紀行 その2ー [旅行]

夜中から朝方にかけてかなりしつこく降り続いていた雨[雨]も、出発する時間[時計]には何とか上がりました。朝は出発前に、この宿[家]のもう一つの魅力を堪能するため、ロビーに降ります。

IMG_2023-10-01-08-06-53-296.jpg
IMG_2023-10-01-08-00-57-694.jpg
看板猫[猫]のかぐら君と

IMG_2023-10-01-08-00-09-094.jpg
おんでん君


 どちらも保護猫[猫]さん出身というけれど、堂々たる体格です。性格はいたって穏やか。おんでん君はちょっとシャイかな。

IMG_2023-10-01-08-00-02-376.jpg
かぐら君にお膝に乗られてめろめろの猫マスター


 かわいいなあ。つやつやして、美味しい米沢牛とかいただいちゃってるんじゃないの? しばらく撫でさせていただき、いよいよ出発[車(セダン)]です。

DSC_0058.jpg
山を下りる途中には親子連れのお猿も


 この辺り、何年かに一度白猿が生まれるそうですが、地元のひとでもめったに見られないのだそうです。天元台に写真が飾られていました。
 山を下りて平野を走る[車(セダン)]こと45分?[時計] くらいかな。渋滞にも全く遭わず、たどり着いたのは……

DSC_0059.jpg
赤湯駅。近くで車を返します

DSC_0084.jpg
ここまで来たら、これですよ、これ!


 元祖・ローカル線プロレス[電車]、4年ぶりの復活です!! コロナ禍でしばらく中止していましたが、不死鳥のように蘇りました![手(グー)]

DSC_0086.jpg
おなじみの司会のおじさんの軽妙なトークから始まります


 まあいいのですが、おじさん、途中駅でなんと「ゴング」を忘れてきたという[がく~(落胆した顔)]……仕方がないのでスマホ[携帯電話]のアプリで鳴らそうとしたら音[演劇]が出ず、最後は口で「カーン!」と言ってました……[ふらふら]

 電車は赤湯⇒長井[電車]のAブロックと長井⇒[電車]荒砥⇒[電車]長井のBブロックに分かれています。我々はAブロックに乗りました。

DSC_0091.jpg
 
DSC_0094.jpg
次の駅でどんどんレスラーが乗り込んできます

DSC_0104.jpg
義経、かっこいいな[揺れるハート]

DSC_0134.jpg
DSC_0113.jpg
DSC_0103.jpg
さあ始まった! もうカオスです


 今回、「声援[演劇]を送られる方はマスクをしてください。黙って写真[カメラ]に集中される方はマスク着用なしでもOKです」と言われましたが、やっぱりそこは叫びたい[どんっ(衝撃)]ので……マスクをしました。

DSC_0128.jpg
今回は明治生まれ(?)の「がばいじいちゃん」というレスラーが面白かった!

DSC_0130.jpg
高齢なので杖の使用を許されています。「じいちゃん、やめて~!![あせあせ(飛び散る汗)]

DSC_0105.jpg
降りれる駅ではホームで乱闘[パンチ]

DSC_0146.jpg
新ルール=5カウント以内ならつり革にぶら下がってもよし!

DSC_0170.jpg
負けて見学するふたり。なんかかわいい[かわいい]

DSC_0172.jpg
Aブロック優勝は野橋太郎(割と好き[黒ハート]


 10月1日はかのアントニオ猪木先生の命日というので、「1、2、3、ダー!」で締めました。いやあ、面白かった!! 義経がこの狭い車内で、座席からムーンサルトプレス[満月]を決めたのがすごかった! この動き、列車内[電車]という制約を感じさせません。
 
 列車プロレスの後は、長井駅前特設リングでも14時[時計]から試合。それまで、長井の街をぶらつき[くつ]つつ腹ごしらえ[レストラン]です。
 長井の街、前に来た時(4年前)には、かつてのショッピングセンターの残骸がつぶれたまま放置されていたりして、決して景気のいい感じではなかった[モバQ]のですが……

DSC_0177.jpg
今も一部の古い立派な病院[病院]などは残っているものの

DSC_0178.jpg
きれいな広い通りの沿線におしゃれな[ぴかぴか(新しい)]建物が並んで

 すっかりきれいになっていてびっくり[目]でした。これは確実に発展しています。

DSC_0182.jpg
駅前では秋フェスもやっていて、若い親子連れが多い!


 長井市、移住・定住のサポートに力を入れているようですが、この様子を見ると、けっこう成果が上がっているのでは? と思わせられます。前に比べ、明らかに若い人たちが増えて[右斜め上]います。ちょっと雪[雪]は多いけど、いいところだものな、食べ物も美味しいし。

DSC_0179.jpg
フェスのキッチンカーで買ったビール[ビール]と米沢牛のメンチ。美味しい!

DSC_0180.jpg
ご当地名物辛みそラーメン。これも美味しい! 大汗かいたけど[あせあせ(飛び散る汗)]

DSC_0185.jpg
リングサイドの席でそこらで買ったシャインマスカット[ぴかぴか(新しい)]をつまんでいると

DSC_0187.jpg
リングでまず始まったのは、地元出身のビートボクサーの演奏


 さっきこの兄ちゃん、みんなに靴袋配るの手伝ってたよなあ。なかなかの好青年でしたが、こんな特技があるのか。

DSC_0190.jpg
実行委員長のご挨拶


 コロナで実施できなかった間はかなり苦しんだとのことで、「再開を決めて切符を売りだしたら、かつてのお客様が続々と買ってくれて……」と、感涙[たらーっ(汗)]にむせぶシーンあり。たいへんだったねえ……[もうやだ~(悲しい顔)]こちらも思わずもらい泣きです。

 ちょっと写真が多くなってきたので、もう一回だけ続きます。


nice!(11)  コメント(10) 

4年ぶりの再開! ー山形温泉・プロレス紀行 その1ー [旅行]

 今年はこれからどんどこ忙しく[たらーっ(汗)]なると会社の方から言われ、嫌だなあ、嫌だなあ[もうやだ~(悲しい顔)]と思いながら出社しておりますが……あんまり忙しくて「きー!」[ちっ(怒った顔)]となる前にちょろちょろ旅[電車]なんかしましょう、と、9月最終の土曜日、猫マスターと一緒にお出かけです。

DSC_0001.jpg
今回は大宮が玄関口です

IMG_3027.jpg
待合室のE5系カラーのマッサージ椅子、かなりいい[るんるん]

DSC_0008.jpg
実際に乗ったのはつばさ号。E3系ですが

DSC_0012.jpg
まず降りたのは米沢駅

DSC_0011.jpg
駅のトイレ[トイレ]にはヒーターパネルが装備されていました

DSC_0014.jpg
駅前で車[車(セダン)]を借り、向かったのは白布温泉[いい気分(温泉)]

DSC_0017.jpg
天元台のロープウェーに乗りました

DSC_0018.jpg
そうか、怖いのだな……

DSC_0028.jpg
上った先にはさらにスキー場あり

DSC_0026.jpg
展望台からは米沢市内が見おろせます


 ちょっと雲[曇り]の多いお天気ではありましたが、幸い雨[小雨]には遭わず。 
 その後まだ時間[時計]があったので、また車[車(セダン)]で15キロほどの市内に降りて、

DSC_0039.jpg
東光の酒蔵で試飲(もちろんおねえさんだけ)。お夕食用の四合瓶を買ったりして

DSC_0041.jpg
鷹山神社にお参り

DSC_0043.jpg
楽しげだな。飲みに[ビール]行く相談かしら

DSC_0056.jpg
だんだんとお天気が怪しく[バッド(下向き矢印)]なってきたので宿泊先の白布温泉西屋へ

DSC_0046.jpg
建物はとても古いのですが、よい宿[家]でした

DSC_0049.jpg
米沢牛のすき焼きももちろんとても美味しかったのですが

IMG_2023-10-01-04-14-57-459.jpg
渡り廊下の端にある……

IMG_2023-10-01-04-02-10-340.jpg
IMG_2023-10-01-04-03-45-259.jpg
温泉がまた素晴らしい![ぴかぴか(新しい)]

IMG_2023-10-01-04-04-00-872.jpg
IMG_2023-10-01-04-04-15-081.jpg
打たせ湯の勢いがすごいのなんの

 脳天に直撃させると結構ヤバい[どんっ(衝撃)]くらい。マッサージ屋さんにある機械ぐらいの威力はあって、凝りまくった肩と腰に最高です。[手(チョキ)]

 また、この宿は全館禁煙(古い木造だからかな)のうえ、中学生以上しか泊まれないので、とても静かです。おひとりさまのお客さんもけっこういました。
 食事はダイニング[レストラン]で一斉スタート(時間は2時間[時計])なのですが、メインの料理はそれぞれコースによって違いますが、ご飯とスープ、数種類のおばんざい・デザートはセルフでとり放題、飲み物も一部のいい目の日本酒を除けばかなりのものが飲み放題なのです(主に缶チューハイやハイボール、のんあるカクテル[バー]のほか、赤白のワイン等)。我々は東光の酒蔵で買ったひやおろしの四合瓶を持ち込みましたが(もちろん事前に断って)、持ち込み料は無料でした。その代わり、「お部屋での二次会はご遠慮ください」と書かれている。まあ、二時間[時計]もダイニングで飲み放題だし文句はないな。
 旅館のご飯って、いい気持で飲んでいると、「もうご飯出しましょうか」「お味噌汁、そろそろいかがですか」なんて言われたりして、酒飲みはついつい「うるっせえなあ[むかっ(怒り)]」と思いがちですが、このシステムなら問題ありません。よし、気に入った![わーい(嬉しい顔)]

 ご飯は「つや姫」。美味しいので、お酒[ビール]とお料理ですでにお腹はパンパンだったのですが、無理して食べて、部屋に帰って爆睡![眠い(睡眠)] 「沢の音が気になる方はお使いください」なんて耳栓[耳]があったのですが、ぜんぜん必要ありません。宿[家]に着いたあたりから降り出した雨[雨]が夜中はけっこう強かったのですが、全く気にならず。早く寝すぎて、夜中に起きだして24時間入れるお風呂[いい気分(温泉)]にまた行ってしまった。

 つづく。


nice!(13)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行

夏休みの旅 ー電車から船 久々の海外へ その4- [旅行]

 さて、船[船]の中でもそうだったのですが、旅に出ると本当によく眠れます[眠い(睡眠)]。元々寝つきが悪いわけでも何でもありませんが、睡眠時間は普段6時間弱のところ、今回の旅では平均して8時間は寝ている。毎日2万歩以上も歩いた[くつ]せいでしょうか。実際、スポーツサンダル、帰ったらめっちゃ減ってたし。
 早めに寝たので6時前に一度目を覚ましてトイレに行ったのですが、ドミトリーの暗証番号をすっかり忘れて……同室の金髪の姐さんにえらい迷惑をかけてしまいました。

「開けてえ~[もうやだ~(悲しい顔)](ドアの外の私。もちろんとりあえず英語)」
 必死のノック[どんっ(衝撃)]に、金髪を振り乱してとんでもなく眠そうな姐さんが、
「ここ、あんたの部屋じゃないんじゃないの?[むかっ(怒り)] 超メーワクなんだけど[ちっ(怒った顔)](英語)」
「番号忘れたの~[もうやだ~(悲しい顔)]、あんたの隣にさっきまで寝てたじゃん[あせあせ(飛び散る汗)](英語)」
「はあ?[目] あ、確かに。でも、いい加減にしてよね(英語)[むかっ(怒り)]
 とブチ切れられながら部屋に入れてもらいました。モーロク婆のせいで、すみません……どこのお国の方か存じませんが、お世話になりました。

 気を取り直し、今日は地下鉄[電車]乗り倒し旅です。まずは腹ごしらえだな。
 釜山駅の3階に食べられるところがあるというので行ってみました。朝は軽く何か胃にやさしいものを、と思ったら……
DSC_0358.jpg
英語で”Hot and Spicy Soup”と書いてある……これしかないって……


 ユッケジャンスープ定食みたいなやつで、辛い[どんっ(衝撃)]けどおいしかったし、腹もいっぱいになったので、まあいいか。
 釜山駅から地下鉄1号線[ポケットベル]に乗車します。

DSC_0437 (2).jpg
ホームドアが完璧すぎて列車の写真[禁煙]が撮れない……

IMG_2023-08-27-08-29-04-908 (2).jpg
悔しいから中を撮る。まあ、普通にキレイです

DSC_0371.jpg
電車[電車]からバス[バス]に乗り継いでまず行ったのは「甘川文化村」

IMG_2023-08-27-08-55-17-777.jpg
韓国のマチュピチュは言い過ぎだろうと思いますが、なかなかいい感じ

DSC_0377.jpg
ただ、ともすればファンシー[かわいい]に走りがちなのか、韓国人

DSC_0372.jpg
DSC_0373.jpg
外猫[猫]ちゃんのためのこんな小屋のあるおうちがありました[黒ハート]

DSC_0384.jpg
次に行ったのはもう少し先の釜山現代美術館

DSC_0411 (2).jpg
夏休み企画? ちょっと子供も楽しめそうな展示

DSC_0389.jpg
DSC_0397 (2).jpg
DSC_0398 (2).jpg
DSC_0400 (2).jpg
DSC_0401 (2).jpg
DSC_0407 (2).jpg
DSC_0408 (2).jpg
DSC_0410 (2).jpg
チェ・ジョンファくらいしかわかんないけど


DSC_0414 (2).jpg
DSC_0419 (2).jpg
こちらは何やら環境保護をテーマとした展覧会のようです


 ミュージアムカフェにも入ってみました。

DSC_0421 (2).jpg
入るのが面倒くさい入り口

DSC_0423 (2).jpg
カフェ内部
DSC_0424 (2).jpg
意識高い系親子が来ている感じ

DSC_0422 (2).jpg
エスプレッソとケーキが美味しかった。ケーキ、でかい

DSC_0425 (2).jpg
面倒くさい出口

DSC_0427 (2).jpg
DSC_0429 (2).jpg
外にもチェ・ジョンファ


 まあ面白かったな。まあ、仕事的にもこれで言い訳が立つ(独り言)。
 今度はまた地下鉄に乗って、1号線⇒2号線に乗り換え、端っこのほうまで行きました。

DSC_0458 (2).jpg
海雲台です

DSC_0439 (2).jpg
海の見える絶景電車に乗るということだったのですが(混んでいる)

DSC_0453 (2).jpg
こんなおもちゃみたいな電車で

DSC_0455 (2).jpg
DSC_0449 (2).jpg
海水浴場行きの電車で、まあ絶景っちゃ絶景ですけど、大したことなかった


 こんなことのために大変遠出をしてしまったので、帰りの船[船]の乗船手続き・出国手続きの時間[時計]にギリギリになり、結局お土産はごま油2本しか買えませんでした。ご飯も一回食べ損なったし……[ちっ(怒った顔)]あー、下手こいた。

IMG_2023-08-27-17-02-34-188 (2).jpg
ソウル駅前で、年配の人たちの歌の発表会みたいなのをやっていました


 映画の「怪しい彼女」にもこんなの出てきたな。みんな歌い踊るのが好きなんだなあ、と眺めながら釜山駅を通ってフェリーターミナルへ。

IMG_2023-08-27-17-11-47-406 (2).jpg
IMG_2023-08-27-17-49-54-823 (2).jpg
IMG_2023-08-27-17-49-51-884 (2).jpg
ちゅーるとかにゃんこのおやつ、これも持ち込み禁止品なんだって

IMG_2023-08-27-19-03-47-154 (2).jpg
帰りの船は日本の船でした

IMG_2023-08-27-19-16-04-751 (2).jpg
夕飯はキムチチゲ定食。これもおいしかったんだけど、これかカレーの二択ってどうよ

DSC_0490 (2).jpg
国鉄時代の特急を思わせる紙コップ……

IMG_2023-08-27-19-35-08-185 (2).jpg
こっちの船は日本のビール[ビール]しかありませんでした……


DSC_0463 (2).jpg
DSC_0471 (2).jpg
DSC_0476 (2).jpg
DSC_0482 (2).jpg
これで釜山ともお別れです[もうやだ~(悲しい顔)]


 旅の2日目は遠出をしたばっかりにドタバタ[あせあせ(飛び散る汗)]でしたが、何とか船[船]には間に合いました。
 翌日は岩国・清流岩国駅経由[電車]でもう一つ鉄印をゲットする予定だったのですが、あまりの暑さ[晴れ]にばててしまって断念[バッド(下向き矢印)]。下関でかまぼこを買ってシューッ[新幹線]と帰ってしまいました。
 釜山、こんなに簡単に来れるんなら、近いうちにまた来るぜ、と夜空[夜]に誓ったりして。
 夏休みの旅、これにて終了です。


nice!(12)  コメント(5) 
共通テーマ:旅行

夏休みの旅 ー電車から船 久々の海外へ その3- [旅行]

 船は22:30消灯[夜]なのですが、前日けっこう歩いた[くつ]ので、おばあさんのおしゃべりを聞きながら、けっこう早めに寝落ち[眠い(睡眠)]してしまったようです。
 というわけで、5時[時計]ごろに目が覚めたのですが、船[船]はとっくに釜山港の近くまで来ていたらしい。

DSC_0200.jpg
DSC_0203.jpg
DSC_0206.jpg
船内のエレベータの扉にリアル・オジギビト

DSC_0207.jpg
船内レストランでわかめスープ定食の朝ごはん(メニューはこれだけ)


 赤いやつがけっこう辛いので、お水[たらーっ(汗)]を汲もうと思ったのですが、紙コップがへろへろでしかも底の部分がとがっているという意地悪な状況……水なしで食べるしかない! まあ私は何とか食べきりましたが、辛い人もいるんじゃないのかな[がく~(落胆した顔)]

DSC_0210 (2).jpg
船内にこんなポスターがありましたが、基本年寄りが多いので静かでした(隣にハングルバージョンがあった)

DSC_0212.jpg
入国手続きも割とあっさり

DSC_0213.jpg
釜山港側のターミナルから釜山駅までペデストリアンデッキがつないでいます

DSC_0219.jpg
釜山側も暑いので、ミスト(ドライじゃなかった)が出ていました

DSC_0220.jpg
釜山駅から徒歩1分[くつ]のところに宿[ビル]があります。ここで荷物[ふくろ]を預けて


 駅前から釜山のシティ観光バス[バス]に乗りました。レッドブルーオレンジグリーンの4つのラインがあるのですが、この日はレッドグリーンしかありませんでした。グリーンが折よくやってきたので、これに乗っちゃいました。グリーンのテープを腕に巻かれます。

DSC_0232.jpg
一人14,000ウォンだったかな。好きな時間に乗り降り自由


 バス[バス]は駅前を出るとかなり豪快な勢い[ダッシュ(走り出すさま)]で郊外までどんどん走っていきます。

DSC_0228.jpg
最初に降りたのはHuinnyeoul Culture Village

DSC_0235.jpg
海沿いにファンシー[黒ハート]な建物が並びます

DSC_0239.jpg
かわいい雑貨屋さん(?)の窓の下には

DSC_0240.jpg
[黒ハート] かわいい[ハートたち(複数ハート)]

DSC_0241.jpg
よく寝てるけど、すぐ暑くなるよ、気を付けて!

DSC_0242.jpg
DSC_0243.jpg
猫雑貨のお店らしいのですが、時間的に(?)まだ開いておらず、残念!

DSC_0244.jpg
ここは茶店か。猫デザイン好きだな

DSC_0247.jpg
DSC_0251.jpg
海沿いで、どこから見てもきれいな眺めです

DSC_0255.jpg
あ! ソン・ガンホだ!!


 暑い[晴れ]のですが、海沿いで風もあるためかちょっとしのぎやすい。
 ところで今回の旅、珍しく日焼け止めの上に若干化粧をしました。今から真っ黒になると9月にみっともないな、というのと、万が一その辺をソン・ガンホやらマ・ドゥンソクやらファン・ジョンミンやら歩いて[くつ]いたら困るからです。いなかったけどさ。アイドルグループみたいなおねえさんもいませんけど。
 韓国のおばさんファッションは全員ゆるめのパンチにサンバイザー、ちょっとスポーティなシャツ。おじさんは野球帽率高し。若い子たちは日本の子たちとあまり変わりませんが、携帯電話を脇に長いひもでぶら下げるのはやっていないようです。

 次に降りたのはTaejongdae Resort Park。ジオパークのようなのですが、暑くて耐えらんないのでこんなのに乗ります。

DSC_0259.jpg
DSC_0260.jpg
ここでも見えるのはひたすら海の絶景ばかり


 まだ次のバスまで時間があったので、呼び込みのおばさんに捕まったお店でお昼ごはん。

IMG_2023-08-26-12-14-57-805.jpg
韓国のお料理につきものの頼んでないおかずでビール[ビール]を飲み

IMG_2023-08-26-12-15-01-437.jpg
メインはタコの入った辛い[どんっ(衝撃)]鍋!

DSC_0267.jpg
美味しくて完食!

DSC_0269.jpg
スイカジュースなんか飲んでいるうちにバス[バス]が来ます


 バスはいくつか車種があるようで、次に来たのは天井が抜けた二階建てバス。上に乗ったのですが、高さのせいか、どこまでも坂道の上り[右斜め上]下り[右斜め下]なせいか、割とスピード[ダッシュ(走り出すさま)]が出ているせいか、けっこう怖い。[がく~(落胆した顔)]ソウルもそうですが、釜山も坂ばっかりだな。

DSC_0272.jpg
DSC_0277.jpg
次に着いたのも海の絶景ポイント・Oryudo Sky Walk


DSC_0293.jpg
DSC_0288.jpg
海に向かってこんなの突き出ていて

DSC_0279.jpg
景色なキレイですが

DSC_0285.jpg
足元、透けてます(靴カバー履かされます)


 カップル[ムード]がキャーキャー言っていてやかましいほほえましい。
DSC_0292.jpg
近くに海女村というところがありました

DSC_0291.jpg
やっぱりタコが売りなんだな

DSC_0295.jpg
またバス[バス]に乗り込み、街中へ戻ってきました。有名なチャガルチ市場で降ります


DSC_0320.jpg
間違って最初国際市場の方に行っちゃいました。DAISOあるんだ[目]

DSC_0319.jpg
Jung Yong-hwaって誰かと思ったら


 釜山育ちの有名な歌手の人のようです。
 交通整理のおじさんに「チャガルチシジャン、オディエヨ」とカタカナで聞いたら、「道を渡れ!」と教えてくれたので行ったらすぐにわかりました。

DSC_0321.jpg
これが読めりゃよかったんだな


 韓国に来るたびに、学生時代に『12日間のハングル』を2日で挫折したのが悔やまれます。その後更新太郎の漫画ハングル入門みたいなやつも読み切ってないしな……。パッチムで躓いていつも辞めちゃうんだよな(言い訳)。学生時代に『12日間……』をやり切ったやつは、今会社で「ちょっと韓国語できるやつ」として重宝されているらしい。まあ、あいつA型だしな。ぶつぶつ

DSC_0328.jpg
建物の外観は大きすぎて写せませんでしたが、中はこんな感じ

DSC_0329.jpg
DSC_0330.jpg
DSC_0331.jpg
DSC_0334.jpg
DSC_0335.jpg
DSC_0336.jpg
DSC_0337.jpg
DSC_0338.jpg
DSC_0341.jpg
DSC_0342.jpg
で、みんなが食って行けって言うので

DSC_0343.jpg
まだ15:30過ぎ[時計]にこのていたらくです。2本目のビール[ビール]


DSC_0345.jpg
干物も売ってた


 ニルニルするタコの足にごま油をかけたのがなんともうまい!![手(チョキ)] おすすめだけのことはありました!

 韓国のビール[ビール]、なんか軽いせいか、たくさん飲んでもあまり酔っぱらわないみたいだなー、なんて言いながらいったんは宿に帰ってチェックイン。レディースドミトリーは6人部屋でしたが、入ったときは何人かわからない金髪のおねえさんが一人だけガーガー寝ていました。もう一人ベッドには荷物があったけど、その人には一度も会わず。
 4階の部屋でエレベータがないのがちょっとしんどいけど、設備はきれい[ぴかぴか(新しい)]で、お部屋は電子ロックの番号錠でした。フロントのにいちゃんは、入れ墨はありましたが、キレイな英語をお話しになるし、親切。年上は敬う国だもんね。

 ところで釜山のシティツアーバス[バス]、おばさまがガイドをされているのですが、全部韓国語で話されていると思ったら、突然なんか「×××コンプリイトリイー」「ファステエンシイトベルトオー」とか聞こえてくるので、途中英語らしいものを挟んでいるようなのです。ただ、いつ切り替わったのか全然わからなくて……自分なんかまだまだ修行が足りんなあ、と思いました。[ふらふら]

 シャワーを浴びて汗まみれの服を着替え、ホテルの近くを夕涼みに散歩しました。

IMG_2023-08-26-18-58-00-392.jpg
IMG_2023-08-26-19-00-20-065.jpg
ごく普通のアーケード街

IMG_2023-08-26-18-59-40-651.jpg
IMG_2023-08-26-19-01-32-155.jpg
IMG_2023-08-26-19-01-50-311.jpg
IMG_2023-08-26-19-02-27-193.jpg
IMG_2023-08-26-19-03-57-240.jpg
IMG_2023-08-26-19-07-35-977.jpg
IMG_2023-08-26-19-13-07-561.jpg
あれ? ここって、横浜橋?


 JUNJUNさんは、わかりますよね? なんか、まんまそんな感じです。

IMG_2023-08-26-20-13-13-073.jpg
マッサージ屋発見!

IMG_2023-08-26-20-13-03-120.jpg
この店構えに入るのは自分でも勇気があると思う


 急な階段を上ったら、黒いTシャツ短パンのおばさんがいて、全身マッサージを頼んだら、ゴリゴリやってくれました。効く~!! おばさんはちょっと日本語ができました。気持ちよかったー!!

IMG_2023-08-26-20-21-46-513.jpg
屋台で買った天ぷらをつまみにこの日3本目のビール[ビール]を飲んで、釜山1日目、終了です



nice!(10)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

夏休みの旅 ー電車から船 久々の海外へ その2- [旅行]

 その後まだちょっと時間[時計]に余裕があったので、海響館からもほど近い「海峡ゆめタワー」に上って[右斜め上]みることにしました。

DSC_0155.jpg
マンホールもかわいいぞ[黒ハート]、下関!

DSC_0156.jpg
ちょっと天気悪いけどなあ[ふらふら]


 大荷物を持って行ったら、女性の職員さんがお二人案内してくださり、「お荷物は100円[有料]が戻る式のコインロッカーがありますので、こちらにお預けになれば?」なんて、とても親切です。
 ちょっと怖いスケルトンのエレベータで上がって[右斜め上]みると(28階が最上階の展望フロア)、お客様は他に誰もいませんでした![がく~(落胆した顔)]

DSC_0158.jpg
がらーん

DSC_0160.jpg
DSC_0163.jpg
寂しくなって急に自撮り[カメラ]を始めました

DSC_0164.jpg
巌流島がよく見えます

DSC_0179.jpg
そして、これから乗る船も

DSC_0180.jpg
ここも恋人たち[ムード]の聖地を狙っているらしいけど

DSC_0183.jpg
この錠前かけるやつって、よくわかんないよなあ[ふらふら]


 せっかくなのでゆっくりと眺め[目]を楽しんだのですが、それにしたって限界がある。一度降りてみましたが、まだ時間[時計]があるので……

IMG_2023-08-25-17-25-09-519.jpg
下関駅前のお店に入りました。すごくメニューが多いお店です

DSC_0190.jpg
ここは、貝汁定食でしょう


 山口の貝汁はとても有名なドライブイン的なお店[家]があるのですが、そこはとても遠くて行けないので、手近なところで。とはいえ、なかなかのお味と量でした。鯖の塩焼きがまた美味い。900円[有料]なら安いんじゃないか?
 お腹をみたしたところで、ようやく出発です。

IMG_2023-08-25-15-21-26-419.jpg
下関駅から徒歩[くつ]7~8分というところに、関釜フェリー[船]のターミナルがあるのです


 出国手続きは簡単でした。フェリー[船]はネット[iモード]で予約すると片道6500円という安さ! パスポートを持って行って、必要書類に記入し、切符を事前に引き換えておきます。18時半[時計]乗船手続き開始ですが、どうも日本人の利用者はあまり多くないらしい。さくさく進みます[ダッシュ(走り出すさま)]。出国手続きの係員の方が名物係員なのでしょうか? 韓国語で話しているのを、韓国人のお客さんが聞いてなんかくすくす笑って[わーい(嬉しい顔)]います。韓国がおかしいのか、しゃべっている内容がおかしいのかわからないのですが、なんかお気楽[モバQ]

DSC_0191.jpg
レディース2等船室。この部屋、この日は5人でした


 お隣はお風呂[いい気分(温泉)]だし、トイレ[トイレ]も近いし、特に不満なしです。若干、布団が臭かったな。
 乗り合わせたのは、韓国から日本(徳山)に嫁いで40年、50年ぶりの同窓会に行くの! ワクワクなのよ[黒ハート] という70近いおばあ様、徳山からの自転車一人旅の女性、母娘でツアーに参加という仲良しのお二人。
 母娘お二人は、下関から車[車(セダン)]で30分[時計]ほどのところにお住まいとのことでしたが、今大学生の娘さんが6歳の頃から何度もツアーに参加しているという。はあ、この辺りのひとには韓国は身近なんだなあ、と改めてびっくり[どんっ(衝撃)]しました。
 とにかく皆さん下関・山口近辺の人たちなので、美味しいかまぼこのブランドなんか教えてもらって、有意義な交流ができました。
 おばあさんが、外国にいれば親の死に目にあえないのは仕方がないにしても、コロナでお葬式にも行けないとは思わなかった! とおっしゃっていたのがお気の毒でした。[バッド(下向き矢印)]

DSC_0192.jpg
DSC_0193.jpg
DSC_0194.jpg
豪華とは言えませんが、まずまずキレイ[ぴかぴか(新しい)]

DSC_0195.jpg
DSC_0196.jpg
3階にパーティルームがあって開放されていたので

IMG_2023-08-25-19-42-02-262.jpg
韓国のビール[ビール]とチューハイ(?)で軽くやって、寝ました[眠い(睡眠)]


 それにしても韓国のおばさま方、船[船]に乗って出航(19:45)前に、みんな自前のお風呂セット(銭湯[いい気分(温泉)]に行くときみたいなやつ。たらいにシャンプー・リンス)を持って、そろいのゆるめのパンチ頭にタオルをキュッと結んでお風呂[いい気分(温泉)]に直行です![ダッシュ(走り出すさま)] なんか、あおられて自分もやってしまった[あせあせ(飛び散る汗)]。まあ、気持ちよかったんですけどね。けっこう大きなお風呂[いい気分(温泉)]で、シャンプー・リンスもちゃんと備え付けのがありました。

 つづく。


nice!(14)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

夏休みの旅 ー電車から船 久々の海外へ その1- [旅行]

 うちの会社でも夏休みはあります。っていうか、「夏、まとまって5日くらいは休めよ、全部有休だけど」ってな感じで言われるだけなんですが。まあ、休みますよ。そうまで言われちゃ。
 というわけで、8月25日(金)からちょっとお休みです。当日はくそ早起きをして、5時出発。駅まで猫マスターに送っていただきました。ありがとう……[もうやだ~(悲しい顔)]
 羽田発7:10の福岡行き[飛行機]に乗るのも、なかなか苦労です。直前にやたらJALからメール[mail to]が来て、「今夏休みで混んでいるんだから、早く来ないと乗れなくても知らんよ」とか脅かすのでけっこう早く行ったのですが、そうでもねえじゃん。[ちっ(怒った顔)]座ったら、隣の席空いてたし。

DSC_0046.jpg
何にしても[るんるん]北ウイングなんか口ずさみつつ出発

DSC_0055.jpg
夏の富士山もなかなかキレイです


 福岡からすぐに地下鉄⇒[電車]⇒鹿児島本線と乗り継いで、基山駅へ。

DSC_0066.jpg
どうということもない小さな駅ですが

DSC_0067.jpg
かの『キングダム』の作者の故郷だったり

DSC_0063 (2).jpg
「どぶろっく」の故郷だったりする……最近どうしているのかなあ

DSC_0069 (2).jpg
ここから甘木鉄道に乗ります

DSC_0070 (2).jpg
み、短いなあ

DSC_0075.jpg
かわいい電車は一両編成

DSC_0083.jpg
終点・甘木にはすぐに着いちゃいますが
 
DSC_0001.jpg
ここで鉄印をゲット

DSC_0079.jpg
DSC_0085.jpg

DSC_0081.jpg
「卑弥呼の里」……どうなんだろう


 甘木鉄道、短いし、沿線に目立った特徴もないのですが、これまで鉄印集めで乗ったローカル線の中では一番普通の人が乗っていた感じがします。ちゃんと使われているのだな。

DSC_0090.jpg
鉄印をもらってJRで小倉に引き返し、下関へ

IMG_2023-08-25-12-03-59-972 (2).jpg
博多のホームでとんこつラーメン。隣の兄さんの替え玉2個の食いっぷりに驚嘆

IMG_2023-08-25-12-20-41-362.jpg
途中ソニックなんかも乗っちゃったりして


 下関には予定よりもかなり早く到着したので、久々に水族館の「海響館」に行きました。ここはとにかくご当地名物、フグの仲間が充実しています。

DSC_0102 (2).jpg
隠れとるね

DSC_0106.jpg
DSC_0107.jpg
DSC_0109.jpg
DSC_0114.jpg
DSC_0118.jpg
DSC_0123.jpg
DSC_0132.jpg
水族館の職員が釣ったというホウボウや

DSC_0136.jpg
こんなかわいいのもいました

DSC_0130.jpg
めちゃめちゃあやしい天気[曇り]ですが、関門橋が見えます

DSC_0139.jpg
DSC_0147.jpg
DSC_0095.jpg
ここはペンギンも売りのようなのですが……なんで下関の鳥がペンギンに決定
!?

DSC_0151.jpg
シロナガスクジラの骨格標本が見事


 海響館、見る[目]ものがたくさんあるのですが、夏休みでいかんせん子供が多くてもう一つ楽しめない。[ふらふら]

DSC_0491.jpg
リアルふぐのぬいぐるみを買って出ました


 写真[カメラ]がかなり多くなったので、まずはここまで。次回に続く。


nice!(11)  コメント(7) 
共通テーマ:旅行

千葉の猫旅は、ここ! ー2年ぶりの松山庭園美術館と銚子電鉄ー [旅行]

 仕事も山を越え、もうすぐ夏休みだし~[るんるん]なんてうかれて、この土曜日は猫マスターに車[車(セダン)]を出してもらってちょっと遠出しました。
 目的地の一つは、千葉県匝瑳市の松山庭園美術館です。ブログで調べたら、直近で来たのは2020年の11月でした。ここは猫好きの作家さんのプライベート美術館で、この時期は「猫ねこ展」なんかやっていて、まさに猫好きのメッカなのです。交通はかなり不便なところなのですが、けっこう人が来ていました。

DSC_0009.jpg
入り口の石像の向こうには、まず一番猫がお水[たらーっ(汗)]を飲んでいました

DSC_0013.jpg
白い彫刻の近くには、赤い首輪の黒猫ちゃん

DSC_0016.jpg
入り口の方に目を戻すと、あれ? 別の子がいる![目]

DSC_0018.jpg
やあ、美猫さん[ぴかぴか(新しい)]だなあ

DSC_0020.jpg
猫マスターのなでなでにも「あら、ありがと[黒ハート]」ってな感じです

DSC_0025.jpg
別の彫刻の下ではさっきお水[たらーっ(汗)]飲んでた子が遊んでいました


 開園時間の10時[時計]になったので、受付をのぞいて[目]みると……

DSC_0032.jpg
あら、いらっしゃい。何名様?([猫]
大人二人[手(チョキ)]、お願いします


 受付の中にもちゃっかり猫ちゃんが座っていました(後で係の人に「どいてね」と言われていましたが)。かわいいのう。[わーい(嬉しい顔)]

DSC_0034.jpg
DSC_0035.jpg
ここのお庭は、なんとも面白い石像が多い

DSC_0036.jpg
DSC_0037.jpg
大人になったばかりのアマガエルが跳ねていました(周りには田んぼがたくさんあります)

DSC_0038.jpg
DSC_0039.jpg
「猫ねこ展」の展示の一部。ここにあるのは主に絵画。値段[有料]のついたのは買うこともできます

DSC_0040.jpg
お庭の彫刻にも猫ちゃん

DSC_0042.jpg
「私も作品の一部です」って感じ?

DSC_0043.jpg
DSC_0044.jpg
作品は、プロのもアマチュアのも混在している感じ

DSC_0045.jpg
DSC_0046.jpg
立体作品もけっこうあります

DSC_0047.jpg
これはよくできてるなあ

DSC_0049.jpg
DSC_0050.jpg
私はこのお相撲猫ちゃんたちが気に入りました。買うほどお金[有料]は持っていなかったけど[ふらふら]……

DSC_0051.jpg
お外にいた白ちゃん、美術館にはお出入り自由のようです


 正面のお顔の写真[カメラ]が撮れなくて残念だったのですが、この子、とってもきれいな[ぴかぴか(新しい)]オッドアイでした。
DSC_0056.jpg
帰ろうとして外に出たら、まだ寝てました[わーい(嬉しい顔)]


 美術館を後にして、車[車(セダン)]で1時間ほど走って銚子駅へ。ここで車をいったん駐車場に置いて、銚子電鉄[電車]に乗ります。前に銚子電鉄渾身の映画「電車を止めるな!」を近所で見たときに、一日乗車券を2枚もらっていたのです。ずいぶん前だけど、無期限に使えるっていうから……

IMG_2023-07-08-23-01-46-158.jpg
いい加減に写したら光ってしまった[バッド(下向き矢印)]

DSC_0059.jpg
ちょっとお腹が空いたので名物ぬれ煎餅をいただきました

DSC_0060.jpg
わけわかんないネーミングライツの銚子駅から

DSC_0063.jpg
銚子電鉄に乗り込みます

DSC_0064.jpg
2両編成。デザインが若干凝った方の車両に乗ったら、窓の景色が見えづらい
 
DSC_0066.jpg
車内放送のアナウンス、本当の駅名とネーミングライツを続けて言うのでよくわかんない[ふらふら]

DSC_0067.jpg
中でも一番気になる駅名だな……

DSC_0081.jpg
DSC_0082.jpg
市民の2人に1人がUFOを見ているという……またまたー

DSC_0068.jpg
終点外川駅のネーミングライツは「ありがとう」でした

DSC_0069.jpg
駅を出て海のほうに歩き[くつ]

DSC_0071.jpg
前回も入ったのと同じお店[家]ですが

DSC_0073.jpg
何しろ美味しいのでここでお昼ご飯[レストラン]をいただきました


 上定食は、お刺身とフライ・天ぷら・煮魚などが選べて1700円。お刺身は5種類、私は+サルエビのかき揚げの定食、猫マスターは∔アジフライの定食ですが、かき揚げもアジフライも2つずつ入っていて、何しろおなかパンパンになります。猫マスターとかき揚げ・アジフライを1つずつ分け合いましたが、どっちもすごいボリューム![目] いやあ、よく食べた……

DSC_0075.jpg
まあ、完食しましたけど

DSC_0076.jpg
DSC_0077.jpg
漁港にも猫[猫]はつきもの。美味しいお魚食べてるんだろうな


 横浜からだと千葉はアクアライン[車(セダン)]で行くことが多いですが、それなりに距離があるものの、今回はあまり渋滞に引っかからずにすみました。
 夏の猫旅第一弾、まずは終了です。


nice!(16)  コメント(9) 
共通テーマ:旅行

急ぎ足で鉄印Wゲット -若桜鉄道と智頭急行 その3ー [旅行]

DSC_0144.jpg
DSC_0150.jpg
朝はまだ幾分涼しくて、道々白い花[かわいい]など眺めながら駅に向かいます[くつ]

DSC_0154.jpg
駅舎の中には

DSC_0156.jpg
ローカル線[電車]によくある寄せ書き[ペン]ノートがあるのですが

DSC_0157.jpg
DSC_0158.jpg
前に描いたやつ、絵がうますぎ! こんなのの次に描く勇気なし[バッド(下向き矢印)]

DSC_0159.jpg
こんな自然豊かなところなら虫の種類もたくさんいるよね


 この後駅に上ってベンチでボケっと電車[電車]を待っていたら、スズメバチのでっかいのがブーン[ダッシュ(走り出すさま)]と飛んできて、怖いので思わず目をぎゅっとつぶって[ふらふら]、必死で身動きせずにやり過ごしました。誰も駅に人はいないし、怖かったあ~!![がく~(落胆した顔)]

DSC_0166.jpg
きれいなラッピングの列車「あまつぼし」。早く乗せて―!![あせあせ(飛び散る汗)]


 さてこの智頭急行、前の日に鉄印をゲットした智頭駅、真っピンクの恋山形駅は鳥取県、あわくら温泉[いい気分(温泉)]駅は岡山で、県境を走っています。あわくら温泉から三つ目には「宮本武蔵駅」がありますが、こちらは言わずと知れた宮本武蔵の故郷・岡山県の美作市です。

DSC_0168.jpg
DSC_0169.jpg
DSC_0170.jpg
降りてお散歩してもよかったのですが、宮本武蔵記念館、閉館したとかいうので……スルー


 どちらかと言えば、隠れ宍戸梅軒派だったりして(主に川崎のぼるが描いていた『ムサシ』の影響ですが)。鎖鎌って扱うの難しそうじゃん?
 その後上郡でJR[電車]に乗り換え、姫路に向かいました。そして、駅から歩くこと15分。

DSC_0174.jpg
やってきました、姫路城


 姫路、割と何度も通って[新幹線]いるのですが、たいてい時間[時計]がなくて明石焼きとかえきそばとかを食べる[レストラン]だけで、お城はスルーしていました。今回はちょっと余裕をもって行ってみたのです。

DSC_0183.jpg
まあ、すごく暑かった[たらーっ(汗)]んだけれどもさ
 
DSC_0186.jpg
DSC_0190.jpg
どこから見ても絵になる美しいお城でした


 大改修直後は真っ白で物議をかもしましたが、今は程よく落ち着いた色です。真っ白じゃなくても、白鷺城の呼び名にふさわしい気品。[ぴかぴか(新しい)]

DSC_0191.jpg
姥石。石垣づくりに石臼を差し出したおばばがいたらしい


 国内外のたくさんの観光客と一緒に並んで天守閣に登ります。

DSC_0203.jpg
なんだこりゃ

DSC_0205.jpg
あ、しゃちほこか

DSC_0214.jpg
DSC_0215.jpg
槍とか鉄砲とか掛けとくところだな

DSC_0217.jpg
再現された甲冑もありました

DSC_0198 (2).jpg
天守の中にも「水分とれよ」の注意書き。半端なく暑かったからね[ふらふら]


 もちろんですが、石落としや鉄砲を撃つ[どんっ(衝撃)]ための穴などもたくさんあって、姫路城は「ただキレイな白ではなく、美しき要塞である」というテーマで見せているようです。「強さを秘めた美しさ[ぴかぴか(新しい)]」って、昔志穂美悦子が何かのCMをやっていたのを思い出しました。古っ!

 
DSC_0227.jpg
天守閣を降りたところにあった井戸

DSC_0230.jpg
播州お菊の井戸って、え? これ? あのお皿を数えるひとのやつ?[がく~(落胆した顔)]


 てっきり江戸の話かと思っていたけど[たらーっ(汗)]……(番町皿屋敷)……まあ、どちらにしてもこの井戸が件のお菊さんが投げ込まれたところかどうかは定かではありませんが……。
 看板にお菊さんのお話が日本語・英語で書かれていましたが、中国人の女の子二人連れの一人が英語を中国語に訳してあげて、キャーキャー[あせあせ(飛び散る汗)]言っているのがかわいかった。

DSC_0236.jpg
昼食。安うなぎチェーン宇奈ととにて


 いろいろ姫路の名物を食べてみたかったのですが、暑くてばててしまって、これが限界でした。精をつけないと駅までたどり着けないと思い、飛び込んだチェーンうなぎ屋……本当は姫路でもう少しゆっくりしたかったのですが、熱中症になってはいかんというので逃げ帰って[新幹線]しまいました。

IMG_2023-06-25-14-01-30-184.jpg
新幹線[新幹線]、混んでたあ
 

 観光地、インバウンドを含め、確実に観光客が戻りつつあります。行きも帰りも新幹線[新幹線]はほぼ満席でした。

IMG_2023-06-27-22-30-28-801.jpg
お帰り、おねえさん。暑かった[晴れ]でしょ(ラ)
ただいま、ライちゃん[黒ハート]

IMG_2023-06-27-22-30-35-808.jpg
代休は、一緒にのんびりしましょうね(ラ)


 月曜一日代休をとりました。久々の鉄分[電車]補給旅、これで終了です。


nice!(15)  コメント(8) 
共通テーマ:旅行