SSブログ
前の10件 | -

暑かった! 長岡紀行 ーその2ー [旅行]

 サフラン酒本舗の見学を終えて出てみると、そのはす向かいにはこんなものが!

IMGP6595.jpg
どーん!

IMGP6611.JPG
吉乃川酒造の酒ミュージアム醸蔵です

IMGP6597.jpg
IMGP6598.jpg
IMGP6599.jpg
IMGP6601.jpg
IMGP6603.jpg
いろいろな展示ももちろんありますが

IMGP6606.jpg
もちろん試飲もあるし

IMGP6607.JPG
SAKE BARでは、クラフトビールの飲み比べもできるし

IMGP6608.jpg
簡単なつまみも買えます。これは鯖味噌のイタリアン。美味しい[るんるん]


 もちろん日本酒も飲めるのですが、さすがにまだ昼前[時計]だったので、ビール[ビール]ならよかろうと……(なんだその理屈)。外は灼熱[晴れ]だったしね。
IMGP6618.JPG
帰りは駅前の人気店で

IMGP6617.jpg
美味しいラーメン[いい気分(温泉)]が食べられました

IMGP6624.jpg
通り過ぎた長岡駅に戻って

DSC_9617.jpg
ひとまず荷物[ふくろ]をホテル[ビル]に置いて一休みして

IMGP6627.jpg
市街地の街歩き[くつ]を始めました

IMGP6628.jpg
商店街になかなかユニークな旗があったと思ったら

IMGP6669.jpg
あ!

IMGP6670.jpg
あ! あ![黒ハート]

IMGP6671.jpg
写真館の猫ちゃんだったのか! かわいいいい[ハートたち(複数ハート)]

IMGP6631.jpg
さて、ここが映画「峠」の河井継之助の記念館

IMGP6633.jpg
ガットリング砲! 大五郎の乳母車に積んでたやつだな

IMGP6634.jpg
実物はやっぱり、役所広司とはちょっと違うね

IMGP6635.jpg
IMGP6636.jpg
残念ながら写真[カメラ]の撮れないところも多かったけれども、司馬遼太郎の『峠』は読まねばならん気になりました

IMGP6638.jpg
ほど近いところに山本五十六記念館があります

IMGP6639.jpg
IMGP6640.jpg
ここは本当に、中は全然撮影できません


 パプアニューギニアのブーゲンビル島から貸出契約を受けている、五十六が乗って墜落した飛行機[飛行機]の破片等、見ごたえのある資料がたくさんありました。まだまだ知らないことが多いなあ。それにしても、五十六も継之助も映画[映画]俳優は両方役所広司なんだなあ。偶然?

IMGP6645.jpg
山本五十六の記念公演もありました。狭いけど

IMGP6652.jpg
ここには復元された生家があります

IMGP6661.jpg
昔の家は天井が低いねーなんて、入ってみると……

IMGP6662.jpg
え?[がく~(落胆した顔)]

IMGP6665.jpg
ええええ? 何このシュールな感じ

IMGP6667.jpg
IMGP6666.jpg


 すでに薄暗かったのと、狭すぎて引きがあまりなかったのでいい写真が撮れていませんが、この大きな石膏像はいったいどうして……アートなのか? ちょっとでかすぎて怖い。[がく~(落胆した顔)]
 というわけで、そろそろころ合いに日が暮れておなかも空いてきました。今回はあまりに忙しくてほとんど下調べをしなかったので、お夕飯(っていうか、晩酌)は自分の嗅覚に頼って飛び込みです。

IMGP6685.jpg
ここなんてどうかしら

IMGP6686.jpg
一本〆とはまた珍しい酒米だな。美味しかったです

IMGP6688.jpg
IMGP6689.jpg
酒のアテは刺身とイカゲソ


 これと、せっかく長岡に来たので「米百俵」というお酒をいただきました。
 ここのお店、お酒は1,000円くらいするのですが、2合近く入るお銚子でくれるのでリーズナブル。その代わり、2本も飲んだのでだいぶ明るい気分[わーい(嬉しい顔)]になりましたが……カウンターの隣のおっちゃんのヨット談議に付き合いながらの美味しいお酒。ほー、日本海側は係留料が安い、最近の塗料は船底に牡蠣殻が着きづらい、そーですか、そーですか。[わーい(嬉しい顔)]

 長岡、いいところですが、歩きで回れるところは限られています。それに殺人的な暑さから、レンタサイクルも諦めました。よって翌日は、

IMGP6691.jpg
米百俵の碑と

IMGP6692.jpg
シティホールプラザアオーレ長岡のシアターで長岡の花火のビデオを見て、とっとと帰りました


 しかしまあ、新幹線に乗れば新潟も近いもんですね。合宿がないとあんまりこっちに来ないけど……1泊でしたがちょっとのんびりできてよかったです。長岡旅、終了!

[新幹線] おまけ [新幹線]


IMGP6672.jpg
IMGP6673.jpg
街歩き[くつ]で見つけた不思議な施設。ちょっと面白そうでした

IMGP6642.jpg
佐藤さん、やさしいな

IMGP6646.jpg
遠くに見えるは越後製菓! 新潟に来たんだなあ



nice!(13)  コメント(10) 
共通テーマ:旅行

暑かった! 長岡紀行 ーその1ー [旅行]

 相変わらずくそ忙しい[あせあせ(飛び散る汗)]のですが、大人の休日倶楽部でお得な切符があるのを見逃す手はなく……無理無理土日に一泊で長岡[新幹線]に行ってきました。
 新幹線[新幹線]で長岡に着き、そこから上越線[電車]に乗り換えました。

DSC_9611.jpg
IMGP6472.jpg
降りたのは宮内駅

IMGP6473.jpg
日本酒列車shu*kura、乗ってみたいけどまだだなあ

IMGP6480.jpg
かわいらしい駅です


 ここの摂田屋は、醸造の街として知られています。

IMGP6486.jpg
少し歩いて目に飛び込んできたのがお醤油屋さん「越のむらさき

IMGP6487.jpg
IMGP6488.jpg
道しるべ地蔵もありましたが

IMGP6492.jpg
土曜日はお休みですが、でかい醤油タンクだなあ

IMGP6495.jpg
IMGP6494.jpg
伝統あるお味噌屋さんもあります

IMGP6499.jpg
楽しみだったのがここ

IMGP6503.jpg
鏝絵をふんだんに使ったきれいな蔵があります


 サフラン酒とは、今で言えば薬用酒のこと。製法はよくわかりませんが、明治時代には「機那サフラン酒」と「中将湯」が2大ヒットだったというので、すごい。創業者・吉澤仁太郎がまあ、これで財を成して建てた家、庭、蔵の独特のセンスがまた……なんというか、これは日本のタイガーバームガーデンというか……豪華絢爛です。[ぴかぴか(新しい)]見学は無料なのですが、人が集まると、ガイドもしてくれます(200円[有料]の寄付金を徴収)。

IMGP6529.jpg
一種独特な……キャラ的には岸辺一徳的な人がガイドをしてくださいます

IMGP6508.jpg
鏝絵には猫[猫]もいました(わかりづらいな)

IMGP6507.jpg
たくさんあった火鉢を植木鉢[かわいい]に再利用したんだって

IMGP6509.jpg
ガイドさんがクイズを出しました。「このキリン、何が間違っているでしょう?」


 手を挙げて、「角がない!」と言ったら、即「ぶぶー! 違います」と言われてしまいました。正解あ、鱗が逆。そうだよね、逆立ちしてるキリンの鱗がこの向きはおかしいよね。

IMGP6519.jpg
衣装蔵の下の通気口は、このボトルに手をかけると開閉できます

IMGP6525.jpg
池の庭には今は水[たらーっ(汗)]が入っていません

IMGP6526.jpg
不動明王像、残念ながら手がとれちゃってますが

IMGP6531.jpg
こちらが住宅[家]部分。10年ほど前までは使っていたそうな

IMGP6534.jpg
トイレ[トイレ]の手洗い場

IMGP6536.jpg
トイレの天井も網代づくり

IMGP6539.jpg
窓の組格子も凝ってる

IMGP6543.jpg
IMGP6556.jpg
天井も

IMGP6550.jpg
ガラス戸も

IMGP6551.jpg
廊下の一枚板も贅を尽くしていますが

IMGP6546.jpg
当主の描いた床の間の掛け軸はご愛嬌かな

IMGP6565.jpg
あー、古くからの金持ちのおうちには必ずやこういうものが……

IMGP6568.jpg
そしてこれがサフラン酒!

IMGP6572.jpg
三波春夫先生が宣伝していました

IMGP6580.jpg
若いなあ

IMGP6574.jpg
IMGP6575.jpg
IMGP6582.jpg
IMGP6583.jpg
IMGP6585.jpg
IMGP6590.jpg
関係ないけど、このコレクションも相当なもんだなあ


 ガイドさんのおかげで、なかなか楽しい見学でした。が、この蒸し暑さ[いい気分(温泉)]、黙っていても汗[たらーっ(汗)]がだらだら流れます。もう、勘弁してほしいなあ。[ちっ(怒った顔)]
 ちょっと切りが悪いけど、写真[カメラ]が多いので、まずはここまでで、次に続く。


nice!(13)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

なんか、いろいろですが [本]

 千葉一郎『ちばあきおを憶えていますか 昭和と漫画と千葉家の物語』読了。

ちばあきおを覚えていますか.jpg

『キャプテン』『プレイボール』と、地味だけれども名作を生んだ、ちばてつやの弟、ちばあきお。41歳の若さで亡くなったちばあきおの生涯を息子が書いた本。もちろん、兄・ちばてつやが挿絵を担当。てつやの四兄弟がみんな何らかの形で漫画にかかわっていたのは知らなかった。地味な画風だし、内容なのになぜか読まされてしまう漫画だったなあ、と今思い出す。それにしても、ちばてつやの描いた弟の似顔絵、そっくりだなあ。

 養老孟司、中川恵一『養老先生、病院へ行く』読了。

養老先生、病院に行く.jpg

 18歳で亡くなった愛猫・まる。そして、50代以降一度も健康診断をしていなかった養老先生が、どうにもこうにも体調不良で医者にかかった。東大の解剖学教室にいた先生が、医療システムに取り込まれることが嫌で医者通いをしていないが、愛猫には死んでほしくはない。ただ、猫は死が近づいてもじたばたと生きようとはしない……様々な矛盾をはらんだ生と死と医療の問題が取り上げられていて、とても面白い本だった。まるちゃん、安らかに。

 吉川トリコ『少女病』読了。

少女病.jpg

 少女小説家の母と娘たちの一家……なるほど、少女病とは言いえて妙な。女きょうだいもいないし、こういう家に育ったわけではないが(こんな家、ないし、普通)……激烈に面白かった。やっぱり吉川トリコさんは面白い!


nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:

六度目の幸運 ー田代島紀行 その2ー [旅行]

IMGP6388 (2).jpg
おはよう([猫]
IMGP6402 (2).jpg
よく眠れた?([猫]

IMGP6397.jpg
大泊港近くにいた仲良しさん[黒ハート]

IMGP6403 (2).jpg
朝ごはんも豪華。いきなりヒラメの漬けとかさあ……[るんるん]

IMGP6411.jpg
帰りは高速艇シーキャットです

IMGP6412.jpg
ロゴがかわいい[揺れるハート]

IMGP6420.jpg
高速艇だと石巻まではあっという間です。誰だっけ、これ

IMGP6414.jpg
IMGP6419.jpg
変身忍者嵐、懐かしいなー


 その後はまた電車に揺られて……降りたのは、国府多賀城駅です。

IMGP6423 (2).jpg
城跡では3年ぶりにあやめ祭りが開催されていました

IMGP6424 (2).jpg
IMGP6427 (2).jpg
IMGP6432 (2).jpg
IMGP6434 (2).jpg
IMGP6435 (2).jpg
実にいろいろな種類があります

IMGP6436 (2).jpg
これなんか渋いなあ

IMGP6449 (2).jpg
IMGP6454 (2).jpg
IMGP6458 (2).jpg
珍しい爪咲


 簡単な屋台と特設ステージがありました。ここで、初かき氷をいただきました。

IMGP6465.jpg
ステージで演奏していたのはなんと平家琵琶! うら若い女性なのですが、朗々と語っていました


 この後は実家[家]で弟と合流し、墓参りをしたりお昼[レストラン]を一緒に食べたりして、新幹線[新幹線]で帰りました。
 とりあえず猫の島と刺身でリフレッシュできたかな[るんるん]


nice!(10)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

六度目の幸運 ー田代島紀行 その1ー [旅行]

 全然仕事は暇にならないし[もうやだ~(悲しい顔)]、20日の月曜日も取れるはずの代休が取れそうもない(取ったら自分の首をギューギュー絞めることになりそう)……のですが、この旅は前々から予約を取っていたので、やっぱり出かけてしまいました。
 18日の朝、まずは新幹線[新幹線]で仙台へ。そこから仙石東北ライン[電車]に乗って石巻に着きます。

IMGP6300 (2).jpg
潮位の関係で、門脇からマーメイドⅡ[船]に乗り込みます

IMGP6302 (2).jpg
中央の乗り場近くで買った「たこまみれ飯[レストラン]」580円(激うま!)をいただきながらの船旅[船]

IMGP6304 (2).jpg
到着した船着き場近くではウニの殻剥きの真っ最中!

IMGP6307 (2).jpg
IMGP6309 (2).jpg
IMGP6313 (2).jpg
このおなじみの風景は……


 そうです! 宮城県石巻市に属する猫[猫][猫][猫]の楽園ー田代島です。6度目の田代島、今回も大泊の濱屋[家]さんにお世話になりました。おうちには猫マスターのおかあさんが来てくれるので、安心。
 船着き場に迎えに来てくれた濱屋のおかあさんに荷物を預け……

 
IMGP6317 (2).jpg
IMGP6320 (2).jpg
ゆるゆると猫[猫]散歩[くつ]を開始!

IMGP6321 (2).jpg
いらっしゃい([猫]
また寄せてもらいましたよ

IMGP6323 (2).jpg
島の中ほどにある家の前に大勢の猫!

IMGP6325 (2).jpg
お父さんお帰りー!([猫] お帰りー!([猫] お帰りー!([猫]
ご飯[レストラン]タイムみたいだね

IMGP6328 (2).jpg
IMGP6330 (2).jpg
みんな嬉しそうについていきます

IMGP6340 (2).jpg
IMGP6343 (2).jpg
お、元小中学校だった島のえきに着いたな

IMGP6349 (2).jpg
IMGP6350 (2).jpg
ここにはたくさんいるね

IMGP6352 (2).jpg
おや、きれいな子だね


 ところで、船[船]に一緒に乗ってきたのに、アメリカ人? ファミリーみたいなのがいました。夫婦ふたりと男の子2人の4人家族ですが、この夫婦二人がまた巨大[モバQ]な人たちで……船の甲板の席に座って涼しいと思っていたのですが、この連中が来ただけで温度が5度ほど上昇[右斜め上]
 まあそれだけなら別に何でもないのですが、この連中、島にある注意書きを無視してそこら中にカリカリご飯を撒いて歩いている[がく~(落胆した顔)]……ちゃんと英語で「Don’t feed the cats」って書いた看板もあるのに……まあ、わざと無視してるんだろうなあ[ちっ(怒った顔)]

IMGP6369 (2).jpg
猫神社にもまあ詣でましたが

IMGP6367 (2).jpg
お当番猫も食べちゃってます

IMGP6370 (2).jpg
IMGP6371 (2).jpg
蛇いちごがたくさん成っていました

IMGP6375 (2).jpg
IMGP6376 (2).jpg
宿についてお風呂に入ればお楽しみはもちろん……

IMGP6379 (2).jpg
お夕飯です。肉厚わかめのしゃぶしゃぶにヒラメの焼いたのやひじきのサラダに始まり

IMGP6380 (2).jpg
蝦蛄! ここでは初めて食べた。本当は4月ごろのものらしいのですが、季節がずれたのだそうで

IMGP6382 (2).jpg
メバルの煮付け

IMGP6383 (2).jpg
マグロ以外は全部旦那さんが獲ってきたお刺身!


 アワビ、アジのなめろう、ヒラメのコブ〆、ヒラメのエンガワ、クロソイ、ウミタナゴ……美味いのなんのって、もう。
 そしていよいよメイン! 今回のハイライトですが。

IMGP6385 (2).jpg
ウニてんこ盛りの軍艦!!


 旅の前日に濱屋さんからお電話[電話]をいただき、「今年はウニがまだ口開けにならなくて、お出しできないかもしれないので、延期した方がいいかも」と。が、やっぱり行きたい! ということになり、到着してみるとラッキー[バースデー]なことに、「今日から獲れるようになりました!」と。うーん、猫神様、ありがとう。

 宮寒梅と墨廼江を合わせ、今回たまたま同宿だった二人の女性と一杯ずつ交換した日高見もいただいて、すっかりいい気分で寝ました。
 つづく。


nice!(14)  コメント(9) 

怖かったり感心したり [本]

 恒川光太郎『白昼夢の少女』読了。

41Jq8ZnGFEL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg

『夜市』以来のファンだが、またこれも、スプラッターでもなくグロでもないのだが、ひんやり陣割りの独特の怖さのある短編が集まっていて、とてもよかった。ちょっとSFもあり。『古入道』がほのぼのしてよかったな。

 松重豊『空洞のなかみ』読了。

31NuclXwTqL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg

 あの「孤独……」の松重さんが! というわけで、一種タレント本ではあるかもしれないが、かなり面白い。短編としてもエッセイとしてもかなりの水準だと思われる。なんとも奇妙な味わいのある短編小説と、軽妙なエッセイ。何しろ面白いし、人柄がしのばれる。なるほど、コロナ禍もこういう本の出版のきっかけではあるわけね。

 ジェフリー・ディーヴァー『コフィン・ダンサー(上・下)』読了。

小フィン・ダンサー(上).jpg
コフィン・ダンサー(下).jpg


 リンカーン・ライムとアメリア・サックスのコンビの第2弾。面白いのだが、こんなにこの二人は急接近していたのか? と、ちょっとびっくり。もちろん第3弾も予約しましたが。


nice!(6)  コメント(2) 
共通テーマ:

にゃんぱられ! [猫]

IMGP6132_LI.jpg
最初のうちはお膝でおとなしくしていても……
うずうず……(海)

IMGP6133_LI.jpg
我慢できなーい!(海)
いててててててて!(猫マ)


 海ちゃんのダッシュ[ダッシュ(走り出すさま)]、膝にざっくり来るんだよね[たらーっ(汗)]……

IMGP6147 (2).jpg
はー!(海)

IMGP6148.jpg
とー!(海)

IMGP6149.jpg
にゃん……(海)

IMGP6150.jpg
ぱられ!(海)

IMGP6151.jpg
へい![るんるん](海)
ば、化け猫踊り!

IMGP6184_LI.jpg
IMGP6200_LI.jpg
ぼくだってやるよ!(ラ)
お、ライチもやるときゃやるね!

IMGP6216.jpg
マリン君は?
ぼくは……(マ)

IMGP6222.jpg
もっぱらこっちかな(マ)
只見で買ったマタタビ籠、大好き[黒ハート]だね

IMGP6265.jpg
あんた何やってんのよ!(海)

IMGP6267.jpg
猫なら猫らしくじゃれなさいよ!(海)[どんっ(衝撃)]

IMGP6268.jpg
ひ……(マ)

IMGP6233_LI.jpg
ひえええええ!(マ)
何とか逃げおおせたか……


 本当はマリン君もじゃれるのですが、海ちゃんほどのジャンプ[ダッシュ(走り出すさま)]はしません。足の裏の毛が長いから滑っちゃうしね。


nice!(15)  コメント(11) 
共通テーマ:ペット

面白かったり考えさせられたり [本]

 近藤康太郎『アロハで猟師、はじめました』読了。

51UabaxZQ6L._SX342_BO1,204,203,200_.jpg

「アロハ」だけに引っ張られて、のんびりした感じの本かな、と思ったら、命を取ることで生きている人間の存在を考えさせられる深い内容だった。兼業猟師で兼業農家、本業はライターとしている作者だが、周りの人が見るに見かねて(?)よく助けてくれていて、その交流もまた面白い。それにしても、日本で狩猟免許を取るなんて、読むだに大変で面倒くさいものなのだと思い知らされた。それにやっぱり、解体ができないとねえ。

 宮部みゆき『きたきた捕物帖』読了。

51eUX1nn4aL._SY291_BO1,204,203,200_QL40_ML2_.jpg

 宮部先生の人情ミステリの真骨頂。面白くてほろりとさせられ、しかも人物が皆非常に魅力的だ。ちょっと謎のある人物もいるし、これは絶対シリーズにしてもらわないと。これからも期待。

 原田ひ香『三千円の使い方』読了。

三千円の使い方.jpg

 経済の視点から見た人間の成長ドラマというか……とても面白かった。でもなあ、家計簿もつけられないし、投資もハードル高いし……まだまだ遠い世界かも。

 近藤史恵『私の命はあなたの命より軽い』読了。

私の命はあなたの命より軽い.jpg

 何となくちょっとこの作者の感じと違うな、と思ったが、最後にはちゃんと毒が利いていて安心した。ミステリの要素もあるし……ただ、ちょっとばかりこれはイヤミスの類かも。


nice!(5)  コメント(4) 
共通テーマ:

クレマチスの丘 [旅行]

 開館20周年記念展「Flower of Life 生命の花」を見に、猫マスターに車[車(セダン)]を出してもらって、静岡のヴァンジ彫刻庭園美術館に行きました。

IMGP6057.jpg
今日も元気に乗り越えてるな[exclamation]

IMGP6060.jpg
外の人たちは相変わらずですが

IMGP6063.jpg
IMGP6065.jpg
IMGP6066.jpg
IMGP6068.jpg
IMGP6069.jpg
IMGP6070.jpg
中は20周年記念のコレクション展をやっています

IMGP6029.jpg
そして、ここはクレマチスの丘ってくらいなもので

IMGP6032.jpg
たくさんのクレマチス[かわいい]が咲いています

IMGP6033.jpg
IMGP6038.jpg
IMGP6045.jpg
実にいろいろな種類があるのだな

IMGP6048.jpg
草間先生のこれも、やっぱりクレマチスなのかな……

IMGP6074.jpg
IMGP6075.jpg
IMGP6077.jpg
IMGP6078.jpg
クレマチスだけではありません。これはアネモネの仲間かな?

IMGP6079.jpg
こんなふわふわした猫じゃらしみたいな草が!

IMGP6080.jpg
IMGP6081.jpg

IMGP6100.jpg
バラもたくさん咲いていました
IMGP6117.jpg

IMGP6103.jpg
IMGP6106.jpg
IMGP6111.jpg
ハスの咲く池の中には

IMGP6108_LI.jpg
オタマジャクシと足の生えたオタマジャクシと赤ちゃんガエルがいました


 雲があって富士山は見えなかったものの、雨には合わず、暑すぎることもなく、楽しく見て帰りました。その後、お昼ご飯を食べに沼津に寄って……

DSC_9594.jpg
海鮮丼(このお店では「宝石丼」)をいただきました


 これ自体は、いろいろ入っていてとても美味しかったのですが……カウンターに座ったら、マスターがいきなり携帯電話を近くにおいて、そこから[るんるん]ギンギラギンにさりげなく~、と流れてきた……。すみません、ドヘタな歌を聴くと、私の場合食欲が落ちる[バッド(下向き矢印)]のです。
 そのほか、他のお客さんからとんでもない香水のにおいが漂ってきて[モバQ]またがっくり。しかし、犯人と思しき若い女の子たちが食べ終えて出て行ったと思ったら、まだにおう[がく~(落胆した顔)]。もしかしてこれって、お店の人? [ふらふら]だとしたら、とんでもないことだと思うんだけど……。
 猫マスターは、生ごみや猫トイレが汚れている時の臭いには非常に敏感なのですが、香水とかトリュフとか、人が場合によってはいい匂いと思う匂いはほとんど感じない体質なので平気なようでしたが……この店[家]は、はずしたなあ……[ふらふら]。と、ちょいと最後にケチがついてしまいましたが、行きも帰りも道路事情は非常にスムーズ[ダッシュ(走り出すさま)]で、順調に帰ってこれました。

IMGP6025.jpg
まーた、二人だけで美味しいもの食べてきて![ちっ(怒った顔)](マ)
まあ味は良かったんだけどねえ[ふらふら]

IMGP6027.jpg
またお土産なし?(海) どういうつもりなのかなあ(ラ)
す、すみません。あとでちゅーるでも食べようね



nice!(16)  コメント(10) 
共通テーマ:アート

何を言いたいのかな [本]

 谷津矢車『季節無残絵条条』読了。

奇説無残絵条条.jpg

 暗くておどろおどろしい話の連続……話自体は面白いけれども、最終的に何が言いたいのかは正直もう一つよくわからず。ただ、つまらないわけではないので、この作家さん、もう少し読んでみようかと思う。しかし、なんだこの名前。


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:
前の10件 | -