SSブログ

山の哀しみ [本]

 
 樋口明雄『約束の地』読了。

yakusokunochi.jpg

 二段組み510ページの長編なのに、面白くて一気に読んでしまった。
 そもそも、昨年(あるいは一昨年)、北杜市の薮内正幸美術館に行ったときに、そこに無造作に置かれていた本を取り上げて、図書館の読みたい本リストに登録しておいたのを、思いついて借り出してきて読んだのだが、こんなに面白いんだったらもっと早く読めば良かった。
 で、またたまたま漫画の『山賊ダイアリー』なんかも読んだばっかりだったから、相乗効果で面白い。
 大スペクタクルでミステリの要素もあり、山と人のあり方についても考えさせられる。第12回大藪春彦賞、第27回日本冒険小説協会大賞・エンタテインメント文学賞をダブル受賞というが、さもありなん。
 それにしても、昨年薮内正幸美術館(サントリー白州工場)に行ってからもう1年経つのかな。早いなあ。

 大島真寿美、彩瀬まる、千早茜、松村栄子、大山淳子、中島京子、吉川トリコ『明日町こんぺいとう商店街』読了。

明日町こんぺいとう商店街.jpg

 今を時めく女流作家たちの夢の共演。なんとなく連作短編ふうだが、それぞれの作家の個性がよく出ていて、どれも楽しめる。鳩ヶ谷商店街あたりがモデルなのかもしれないけれど、それぞれの物語がとても楽しく、切なくて、かなりいいと思うんですけど。 


人気ブログランキングへ

nice!(6)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 6

コメント 2

溺愛猫的女人

こんばんは

両方とも面白そうですね。借りて読んでみます。

by 溺愛猫的女人 (2015-08-04 20:20) 

あーる

溺愛猫的女人さん
どちらもあたりでした。『約束の……』は長いですが、ちゃんと読ませますよ。
by あーる (2015-08-05 23:08) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0