So-net無料ブログ作成

何してんの [猫]

 プロレスが終わると、もう9月も終わり。とはいえ、まだまだ東京方面は暑い日もあったりして。

IMGP5433.jpg
IMGP5434.jpg
朝顔はまだまだ咲くなあ

IMGP5112.jpg
ソファでごろごろするふたり

DSC_4187.jpg
紋次郎は涼しい寝室にいたね

IMGP5114.jpg
あれ? ハナちゃん? なんでそこ?

IMGP5115.jpg
だーって……(ハ)

IMGP5116.jpg
ん?

IMGP5118.jpg
ライチ、何やってんの
いやあ、実にけっこうなお住まいですな(ラ)

IMGP5422.jpg
ったく、油断も隙もないんだから(ハ)
うちの若いのがご迷惑をおかけして[あせあせ(飛び散る汗)]


 また、最近ではこんなこともあります。

IMGP5120.jpg
いやあ、もうすっかりご馳走になっちゃって(ラ) ……[むかっ(怒り)](ハ)

IMGP5122.jpg
僕、小さいころ母と別れたんで……(ラ)

IMGP5119.jpg
こういうおふくろの味みたいなのに飢えてたんですよ(ラ) ただのカリカリよ、それ(ハ)


 こういう時、なぜかハナちゃんは怒らないんだよね。
 ライチは、ハナちゃんを追いかけたりパシパシ[パンチ]して、「シャー!」と言われたりするのですが、すぐにやめます。遊び友達みたいに思っているのかなあ。ハナちゃんはもうお年寄りだから、そんな激しい[どんっ(衝撃)]遊びはやりたくないと思うんだけど。[ふらふら]


nice!(11)  コメント(10) 

昭和の重い本 [本]

 滝田ゆう『昭和ながれ唄』読了。

昭和ながれ唄.jpg

 物理的に重い本。内容がということではない。この独特の筆致。絵はいいが、文章はちょっと読みづらい。重いし変型サイズだし、電車の中では読みづらいしまたカバーもかけづらいし。記念作品集のような形で作られた本とはいうものの。

 海堂尊『夢見る黄金地球儀』読了。

夢見る黄金地球儀.jpg

 医者ものしか書かない人、という思い込みがあったせいか、ちょっととっかかりが読みづらかったが、途中からはどんどん面白くなった。どんでん返しも効いている。


nice!(6)  コメント(0) 

秋の連休旅ー瀬見温泉からプロレスへーその2- [旅行]

 赤湯の山形鉄道フラワー長井線のホームで受付を済ませ、靴[くつ]を脱いで電車[電車]に乗り込みます。

IMGP5143.jpg
JRのホームにとれいゆつばさ[新幹線]! これも乗りたかったなあ。足湯[いい気分(温泉)]ついてるやつ

IMGP5145.jpg
乗り込むフラワー長井線、今年もヘッドマークがついています!
 
IMGP5148s.jpg
車内で返還されたチャンピオンベルトが披露されます

IMGP5168s.jpg
あ! 座ってる

IMGP5171s.jpg
さあ、始まった! MUSASHI、しっかりー!

IMGP5174s.jpg
のはしもはやても小さいなあ……

IMGP5163s.jpg
途中の宮内駅では場外乱闘

IMGP5160.jpg
突然現れたレスラーたちにビビる子供を、やさしくなでる[揺れるハート]


 普通に何も知らずに(?)ホームで列車を待っていた親子。びっくりしたよねえ。[がく~(落胆した顔)]

IMGP5187s.jpg
IMGP5204s.jpg
マスター、乗っかる

IMGP5219s.jpg
IMGP5225s.jpg
誰かが車内に「忘れた」パイプ椅子

IMGP5229s.jpg
決まった!

IMGP5231s.jpg
我々が乗ったAブロックの列車の優勝は川村興史君


 この若手、去年はあまり目立たなかったのですが、今年は大人気[グッド(上向き矢印)]。成長したなあ。

IMGP5244s.jpg
列車が長井に到着し、いったん我々は下車します

IMGP5241s.jpg
普通に降りていくAブロックのレスラーたち


 荷物も自分で持っていくんだ……[ふらふら]。さて、ここでお昼ご飯[レストラン]のお時間です。駅から徒歩[くつ]7~8分の所にあるお蕎麦屋さんに入りました。

IMGP5245s.jpg
天ぷらそば、美味しい~[わーい(嬉しい顔)]


 この辺りはお米もおいしいけど、お蕎麦も作っていて、おいしいんだよねえ。

IMGP5246s.jpg
食べ終わって、また列車に乗り込みます(今度は普通の列車。一両編成)


 フラワー長井線で長井⇒四季の郷[電車]に進みます。ここにある白鷹町文化交流センターあゆーむの庭に特設リンクがあります。

IMGP5247s.jpg
こののぼりは、イベント後2,000円で販売されました。安くね?

IMGP5270s.jpg
MUSASHIはかっこいいな[ぴかぴか(新しい)]

IMGP5281s.jpg
でも、今回はなんといっても越中詩郎御大が参戦しているのです


 もちろんみちのくプロレスの人ではないのですが、どうも鉄道[電車]好きらしい。

IMGP5306s.jpg
心なしか、マスターも一所懸命だ

IMGP5343s.jpg
でも、「このじじい!」とか言ってボコられる

IMGP5344s.jpg
郡司君が抑え込もうとして……

IMGP5345s.jpg
復讐されました

IMGP5325s.jpg
特設リングの周りは緑地が広がり、場外乱闘も楽しそう


 レスラーに追いかけられて、泣きながら逃げる子どもなんかもいて、楽しい。怖いだろうなあ。[がく~(落胆した顔)]
IMGP5358s.jpg
メインイベントはA・Bブロックの勝者が戦います。華麗な空中技

IMGP5362s.jpg
IMGP5370s.jpg
IMGP5373s.jpg
軽量級同士ですが、見ごたえのある戦い!

IMGP5417s.jpg
優勝者にはお米とお酒


 心配されたお天気も何とかもちました。よかった~!
 ローカル線プロレス、赤字のフラワー長井線[電車]のために始まったイベントですが、今年で5回目。だいぶ浸透してきて、チケットもかなりよく売れた[有料]とのこと。この白鷹町文化交流センターの近くには移住者支援のための立派な新しい[ぴかぴか(新しい)]賃貸住宅[家]などもあり、子育て世代の移住だと35,000円ほどの家賃で格安で借りられます。
 とにかく大興奮、大盛り上がり[手(チョキ)]の楽しい[わーい(嬉しい顔)]イベントでした。

 河北新報が取材してくれていたらしい。https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201909/20190924_53026.htm(ご参考まで)

 ローカル線プロレス、私は2回目でしたが、今回誘った猫マスターは初めて。プロレスを間近で見る[目]のも初めてということで、楽しんでもらえたようです。
 秋のトーホグ温泉[いい気分(温泉)]+プロレス[パンチ]旅はこれで終了です。


nice!(12)  コメント(6) 

秋の連休旅ー瀬見温泉からプロレスへーその1- [旅行]

 9月2度目の三連休のうち前二日だけですが、猫マスターと一緒にお出かけしてきました。今回は基本的に鉄道旅[電車]なのですが、乗車券は21日‐22日のJRの週末パスを買って、必要なところは特急券[新幹線]を買い足すというやり方です(計算したら、その方が全然お得だったのです)。

DSC_4196.jpg
まずは早起きして東京駅へ


 仙台行の新幹線まで余裕があったので、「東京駅周辺にあんまり来たことがない」という猫マスターのために、ちょっと周辺をお散歩[くつ]

DSC_4190.jpg
KITTEは私も初めて入ったんですが


 なんか「ぽすくま」のイベントがあるらしくて、リハをやっていました。くまモンとコラボするらしい。豪華[ぴかぴか(新しい)]だな。
 さすがは三連休で、東京⇒仙台のはやぶさ[新幹線]は満席でした。早く押さえておいてよかった!
 仙台から母親の施設に行って、見舞い。この日はちょっと起きていて、目[目]が合ったような気もしましたが、あっという間に寝てしまった……[眠い(睡眠)]ま、しょうがないね。
 その後、塩釜で途中下車して、先日リサーチした回転ずし屋でお昼ごはん[レストラン]。早めに行ったせいか、あまり並ばずに済んでよかった。

DSC_4205.jpg
岩ガキも、ホヤ酢もおいしい[黒ハート]
DSC_4206.jpg
白子の澄まし汁もいいもんだな


 お寿司屋さんであまり時間を取られなかったので、電車の発車まで時間[時計]が余り、駅前の「ふれあいエスプ塩竈」[ビル]へ。ここにはかのガロ編集長・長井勝一漫画館があって、撮影はNGですが、入場無料で、かなり貴重な漫画の原画がたくさん見られるとてもお得な施設だと思います。私は二度目でしたが。

DSC_4208.jpg
施設の中にあった段ボールの大猫[猫]

DSC_4209.jpg
同じく大マグロ

DSC_4210.jpg
施設の裏に、大木を利用したこんな遊具があってびっくり

DSC_4215.jpg
また塩釜駅から電車に乗り込みます


 塩釜⇒小牛田と石巻線[電車]で進んで、小牛田で陸羽東線[電車]に乗り換え。鳴子温泉でさらに新庄行の列車[電車]に乗り換えました。鳴子温泉ではまた乗り換えに20分[時計]ほどあったので、駅の外の足湯[いい気分(温泉)]に入ったりして、周遊パスは便利なものです。

DSC_4218.jpg
ついたぞー!

DSC_4220.jpg
DSC_4221.jpg
DSC_4222.jpg
DSC_4223.jpg
瀬見温泉の喜至楼に泊まるのは2度目です

DSC_4227.jpg
DSC_4229.jpg
DSC_4234.jpg
DSC_4236.jpg
相変わらずだなあ、タイルボロボロの千人風呂も、謎のオブジェも

DSC_4245s.jpg
お料理も相変わらず美味しい


 前回は早めについてどぶろくなんか買ってきて一杯やったせいで、夕食が腹いっぱい[ふらふら]で水分[たらーっ(汗)]なんてもう胃に入らなかったのですが、今回はそこまでではなかったので……

DSC_4247.jpg
おいしい日本酒もいただくことができました


 山形牛のステーキはもちろんですが、近くの川でとれるアユがおいしいんだよね。
 ただ、あまりにこの瀬見温泉[いい気分(温泉)]が山奥だからか、この宿[家]が余りにレトロすぎるからか、ちゃんとした(?)泊り客は、この日は我々だけのようでした。あとは、近くの自動車学校[車(セダン)]に来ている合宿免許の若い衆だけ……これでは、儲け[有料]はいくらにもならんのではないかなあ。宿の「社長」と呼ばれていた若いお兄さんも、感じは悪くないのですが、あまりに無口で……ここ、ボロボロはボロボロなりにユニークな建物なので、「映え」[カメラ]とかでもうちょっと宣伝してみたらどうなのかしら、と、他人事ながら心配したりして。

DSC_4251.jpg
朝ごはんには

DSC_4252.jpg
アユの開きが出ました。香ばしい!

IMGP5123.jpg
喜至楼、またね

IMGP5130.jpg
そして再び陸羽東線に乗り込んで

IMGP5139.jpg
IMGP5134.jpg
新庄駅に着きました

IMGP5138.jpg
ここからは山形新幹線つばさに乗り換えて


 赤湯方面に向かいます。まずは、ここまでにします。


nice!(11)  コメント(9) 

ほのぼのSF [本]

 東野圭吾『時生』読了。

時生.jpg

 長編だけれど、先が気になってどんどん読んでしまった。とちゅうでちょっと先がわかっちゃったかな、とも思うけれど、やはりそこはどんでん返しがあって、さすがの東野先生でした。

 奥野良之助『金沢城のヒキガエル 競争なき社会に生きる』読了。

金沢城のヒキガエル.jpg

 ヒキガエルは、昔祖母の家の庭にたくさんもそもそ出てきて、アリを食っているのを飽かず眺めたりして馴染みがある。指を切って標識にしたり、うわーというような描写もあるが、ヒキガエルのとてものんびりとした不思議な社会が詳しく紹介されていて、面白かった。それにしても、なんか生物学の人って一風変わった人が多いなあ。


nice!(5)  コメント(2) 

秋の外猫 [猫]

 台風が去って、ほんの少し涼しい風が吹いてきて、猫たちのポーズも若干変わってきたような。

DSC_4150.jpg
きれいな香箱を作ったね、ライチ
ふふん[るんるん](ラ)

DSC_4152.jpg
と、思ったら、なんか変なふうに崩れちゃいました

DSC_4156.jpg
台風のせいか、近くの小径にハチの巣が落ちていました


 お、労せずしてハチの子が食べられるかしら[黒ハート]なんて思っていたら、そのうち「スズメバチの巣に注意!」という張り紙がされていました。くわばらくわばら。
 ようやく一週間が終わったと思ったら、昨日は出社お当番。日曜日になってようやくちゃんとお休みです。朝から紋次郎を病院[病院]に連れて行って、ここのところ定期的に行っている点滴[たらーっ(汗)]をやってもらいました。最近はあきらめてセミントラも何とか飲むようになってきたので、その補充もしてきました。
 その帰り道、スズメバチの巣のあった小径と同じところですが、椿の木の下を見ると……

DSC_4173.jpg
あ! 二匹も!

DSC_4174.jpg
キジトラさんと

DSC_4175.jpg
牛がらさん
 
DSC_4176.jpg
さらに行くと……

DSC_4177.jpg
別のキジトラさん

DSC_4178.jpg
小柄でかわいい[黒ハート]


 なんだかこの日は、木の下が外猫たちのブームだったようです。

DSC_4162.jpg
DSC_4163.jpg
この子も台風後の無事が確認されました[わーい(嬉しい顔)]

IMGP5025.jpg
紋次郎、お疲れさまでしたね
ほっとしましたよ[ダッシュ(走り出すさま)](紋)


[家] おまけ [家]


DSC_4169.jpg
会社のそばにこんなのが建ちました。カウントダウンの時計[時計]かな

DSC_4147.jpg
佐賀で見学した武雄図書館


 途中で急病人が出て、私の場合はゆっくり見学はできなかったのですが、公立図書館としての問題はいろいろあるにしても、この地域では立派にコミュニティセンターなどいろいろな役割を果たしていて、集客が300%以上増えているというから、確かに成功は果たしているんだろうな。この手の指定事業者制度を採用した図書館では全国初の場所です。
 運営のCCC(TSUTAYAの会社)の方に、「多賀城の図書館は見ましたよ」とお話をしましたが、多賀城は全国3番目だそうです。で、武雄とは違って、むしろ書店[家]のほうに図書館[ビル]が同居しているような形だということ。なるほど、前に行ったときになんとなく受けた印象は正しかったのだな。その後は急病人騒ぎでそれ以上詳しいご説明は聞けなかったのですが……その方ご自身の、地方に移住しての生活の楽しさ[るんるん]・豊かさや、その半面、都市に比べてちょっと不満に思う部分などのお話は聞けた[耳]ので、まあよかった。


nice!(13)  コメント(11) 

最後は行方不明…… [本]

 橋本哲男『辻政信と七人の僧』読了。

辻政信と七人の僧.jpg

 出張の時は全く本を読む暇もなく……まあ、当然なのですが。で、帰ってから一気に読んだ。本来は本人の手による『潜行三千里』を先に読むべきだったかな、とも思ったが、とりあえず読み物としては面白く読んだ。戦犯の逃亡記録と言ってしまえばそれまでだけれども、タイの僧衣の着方って、そんなに難しいんですか……。

 辻 仁成 (著), 小林 恭二 (著), 石井 聡亙 (著), 香山 リカ (著), 長嶋 有 (著)『住宅顕信読本ー若さとはこんな淋しい春なのか』読了。

住宅顕信読本.jpg

 さらにたくさんの人がこの25歳の夭折俳人について語っている本。いろいろな人のいろいろな評価を通じて理解しようとしてみても、あまりに早く逝ってしまっているし、ちょっとなかなか入り込めない。言葉の使い方はじわーっとくるけど。

 太田和彦編『今宵もウイスキー』読了。

今宵もウィスキー.jpg

 いい男はいいバーテンダーのいる店を知っていなければならない、というのはすでに一昔前のダンディズムになっているが、まあ、それはそれでかっこいいかも。ただ、ウイスキーはあくまで「男の酒」という語り口なんだよなあ。古いめの作家が多いので仕方ないけれども。なんか、もう少し別の見方はないのかしら。ともあれ、角瓶買って帰ってしまった。


nice!(5)  コメント(2) 

出張ですが [旅行]

 この台風だ[台風]大雨だ[雨]で大変だった週末、出張[飛行機]で佐賀に行ってきました。国内外のお客様を連れたツアーのアテンド的なことなのですが……

DSC_4076.jpg
メインの訪問先は、佐賀県武雄市のここです


DSC_4090.jpg
DSC_4107.jpg
DSC_4102.jpg
DSC_4105.jpg
DSC_4099.jpg
屋外展示ももちろん素敵[ぴかぴか(新しい)]なのですが

DSC_4131.jpg
DSC_4128.jpg
DSC_4123.jpg
DSC_4115.jpg
190907_210257_00000959.jpg
廃墟となっているホテルの大浴場の展示がさらによかった

DSC_4136.jpg
ホテルのロビーは、こんなです


 結果的には現地では特に雨[雨]にも遭わず、帰りの東京行の飛行機[飛行機]も飛んだので、スケジュールはすべてこなしてお客様にも喜んでいただけたようです。ほっ。
 余談ですが、メインのツアーの翌日、急病人[がく~(落胆した顔)]が出ました。中国語を話す方なので私が救急車に乗って[ダッシュ(走り出すさま)]病院[病院]まで付き添うことに。医療用語の通訳は難しい[あせあせ(飛び散る汗)]。わからない臓器の名前などは、お医者さんと一緒にゼスチャーで伝えてしまった……まだまだ勉強不足を反省です。[ふらふら]
 お医者様の的確な見立てと治療で、病人はすぐに痛みが治まり、その日のうちの帰国がかなったのですが、この病人には6歳の娘さんがいて、お母さんが「痛い、痛い[どんっ(衝撃)]」とベッドでのたうっているのを見てギャン泣き[もうやだ~(悲しい顔)]。「妈妈,不要死~!!!(ママ、死んじゃやだ~!!!)」と、私に蝉[雷]のようにしがみついて叫ぶので、お医者さんや病人の言葉が聞こえなくて、困りました。[ふらふら]
 痛み止めが効いて、病人がよくなると、お嬢もけろっとして、「肚子饿了~(おなかすいた~)」だって。ったく、お子ちゃまってやつは……[わーい(嬉しい顔)]


nice!(11)  コメント(11) 

これはすごい! [本]

 中川裕『アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」』読了。

アイヌ文化で読み解く「ゴールデンカムイ」.jpg

 もちろんこの本も面白かったけれど、漫画の『ゴールデンカムイ』がどれだけ正確にアイヌの文化を伝えているかがわかったし、さらにアイヌのセリフの方言にもこだわっているという念の入れようが伝わって、ますます先が楽しみになってしまった。この本、買ってもいいかも。アニメのほうもセリフや歌にこだわっている部分、もう一度見直したくなったりして。


nice!(6)  コメント(2) 

隔離政策 [猫]

IMGP5041.JPG
IMGP5042.JPG
9月になって、この朝顔、ようやく咲き始めた。いい色!


 ライチ君、けっこうしつこくハナちゃんを付け回す[0]ので、これはもう、やむをえません。幸いハナちゃんはもう15歳で、あんまり激しく[どんっ(衝撃)]運動をするわけでもないので、ちょっとした隔離政策を採らせていただくことにしました。

IMGP5049.JPG
ずーっと使ってなかった2階建てケージを組み立てました

IMGP5050.JPG
えー? なんでえ?(ラ)
あんたがしつこいからでしょうよ[ちっ(怒った顔)]


 朝急ごしらえで用意したので、ちょっと心配していたのですが、帰ったらハナちゃん、落ち着いています。今あるトイレはちょっとこのケージにしては大きすぎ。[ふらふら]今度小さいのに替えるから、もう少し待ってね。

IMGP5059.JPG
ひらり[ダッシュ(走り出すさま)]

IMGP5060.JPG
これでライチを気にせず思う存分トイレに入れます

IMGP5064.JPG
つまんないなあ(ラ) ふーん、だ(ハ)

IMGP5054.JPG
出ておいでよー(ラ) やあよ(ハ)
ハナちゃん、開けておいても中にとどまっています

IMGP5067.JPG
ここ、なかなかいいわよ[るんるん](ハ)
お気に召しましたか?


 さすがハナちゃん、ここにいれば変なちょっかい[雷]を受けないことが分かったようです。落ち着いた隠居所[家]ができました。本当なら自由に家中を歩き回って[くつ]ほしいのですが、今のままだと落ち着いてうん★もできない[ふらふら]からねえ。とりあえずは気に入ってくれたみたいで、ほっとしました。[わーい(嬉しい顔)]


nice!(10)  コメント(8)